FC2ブログ
教員採用試験の受験者が減少傾向 小学校2・8倍に
公立小中学校教員の志願者が減っている。文部科学省のまとめによると、2018年度から雇用された教員向けの採用試験の受験者は計約10万5千人で、12年度の約12万2千人から約1万7千人減った。
以上、Yahooニュース(朝日新聞デジタル)引用
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190831-00000051-asahi-soci


教委側の


「教員の質に影響が出かねない」


というコメントですが


全般的にみれば


すでに


質が低下している


と思います。


ここでいう「質」が


どのような「質」を指しているのか不明ですので


一応 教育(授業力、教材研究)の質とすれば


あきらかに低下しています。


その理由は


勤務時間のうち


教育(授業力、教材研究)にあてる時間が


大幅に削られているからです。


教育(授業力、教材研究)が仕事の中心であるはずなのに


現実はそうではない


となれば


倍率低下は当然でてきます。


これ以上の「教職離れ」を防ぎたいのであれば


本気で


教師の働き方を見直すべきです。


教師は「何でも屋」


ではありません。



よろしければランキングバナーの1クリックをお願いします。       

スポンサーサイト



[2019/09/04 23:39] 教育/学校/子ども | トラックバック(0) | コメント(0) | @
| ホーム |

最新記事

カテゴリ

ブログ (696)
政治 (295)
社会 (360)
スポーツ (356)
教育/学校/子ども (1465)
エンタメ (231)
おもしろブログパーツ (26)
商品紹介 (9)
おすすめ情報 (7)
アフェリエイト (0)

月別アーカイブ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブロとも一覧


JapanReport

Awesome!

gainly

あの歌の歌詞は?

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

QRコード

QR

【ショッピングコーナー】

お気に入りのアイテムがあるかもしれません

【ショッピングコーナー2】

人気のアイテムをラインナップしました!