fc2ブログ
2019年は働き方改革元年なのか?(2)
前回の続きです。


記事で気になったのは…


アメリカでブラック企業という言葉の使用は避けるべき


という部分です。


日本語では


ブラック企業という言い方で通じますが


海外では


ブラック企業⇒「black company」


などと安易に考えてはいけないようです。


このことを知らないまま


会話のなかで使ってしまうと


場の空気が


微妙な状況になるかもしれません。


ブラック企業を英語で表現すると


たとえば


a dishonest company(不誠実な会社)


という言い方があります。


これに付随するものとして…


unpaid overtime(サービス残業)





holiday work(休日出勤)


などがあります。


英語版“ブラック企業”の


言い換え表現としては


sweatshop(社会通念的に受け入れられないような労働条件のある職場)


あるいは


evil company(邪悪な会社)


などでしょうか。



よろしければランキングバナーの1クリックをお願いします。       

スポンサーサイト



[2019/12/25 23:01] 社会 | トラックバック(0) | コメント(0) | @
| ホーム |

最新記事

カテゴリ

ブログ (905)
政治 (340)
社会 (435)
スポーツ (440)
教育/学校/子ども (2562)
エンタメ (313)
おもしろブログパーツ (26)
商品紹介 (9)
おすすめ情報 (7)
アフェリエイト (0)

月別アーカイブ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブロとも一覧


JapanReport

Awesome!

gainly

あの歌の歌詞は?

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

QRコード

QR

【ショッピングコーナー】

お気に入りのアイテムがあるかもしれません

【ショッピングコーナー2】

人気のアイテムをラインナップしました!