fc2ブログ
クラスターを憂える小学校/北九州市
新型コロナウイルスの感染判明が相次いでいる北九州市で31日、市立守恒(もりつね)小(小倉南区)のクラスメート4人の感染が分かり、5月28日に感染判明した10代の女子児童と合わせて計5人のクラスター(感染者集団)が発生している可能性が明らかになった。
以上、Yahooニュース(毎日新聞)引用
https://news.yahoo.co.jp/articles/326aa4b3d9d9263318173f3604463e82ebb3d49c


「ウイルスが市内からなくなることはない」


その通りです。


しかし


「感染者が出た学校は休校して感染拡大を防止し、出ていない学校は児童生徒を通わせながら対策を講じることが重要だ」


については


「感染者が出た学校は休校して感染拡大を防止し」


が違います。


「学校は児童生徒を通わせながら対策を講じる」


これ一点でいいと思います。


理由は


また休校などすれば


子どもたちの免疫力が


さらに低下するからです。


免疫力が低下すると


疲れやすくなり…


風邪をひきやすくなり…


さらには


アレルギー反応も引き起こしやすくなります。


つまり休校は


子どもの健康維持に悪循環を招くのです。


家から外に出て


外の環境のなかで


さまざまな活動をするのです。


これによって免疫力は高まります。


免疫力が高まれば


感染しにくい身体になります。



よろしければランキングバナーの1クリックをお願いします。       

スポンサーサイト



[2020/06/04 00:15] 教育/学校/子ども | トラックバック(0) | コメント(0) | @
| ホーム |

最新記事

カテゴリ

ブログ (905)
政治 (340)
社会 (435)
スポーツ (440)
教育/学校/子ども (2554)
エンタメ (313)
おもしろブログパーツ (26)
商品紹介 (9)
おすすめ情報 (7)
アフェリエイト (0)

月別アーカイブ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブロとも一覧


JapanReport

Awesome!

gainly

あの歌の歌詞は?

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

QRコード

QR

【ショッピングコーナー】

お気に入りのアイテムがあるかもしれません

【ショッピングコーナー2】

人気のアイテムをラインナップしました!