fc2ブログ
子どもの「いたずら」で高速道路通行できず/中国
中国・貴州省(Guizhou)の高速道路で先日、路上に置かれた交通規制用の三角コーンが自動車の通行を遮り、渋滞が発生した。交通警官がいないため、運転手たちは10分ほど待ってから「この状況は何かがおかしい」と感じ始める。交通警察に通報し、来てもらうこととなった。
以上、Yahooニュース(CNS)引用
https://news.yahoo.co.jp/articles/d48039f4f7fb66523149709c650b1d7537d5f961


「子の保護者に対して厳しく交通安全教育を施した」


というのは


警察側の手続きとして適切と思います。


ですが


今回の問題が発生した原因を


よく考えてみると


じぶんの子どもに対する教育が


不十分であったから


信じられない「いたずら」を


したのだと思います。


ということは


親に交通安全教育を施しても


その教育の内実が


子どもに伝わるとは思えないのですが。


じぶんの子どもに対する「これまでの教育」が


できていないのです。


この事実からすれば


現状では


「これからの教育=たとえば、今回の警察による交通安全教育」も


子に伝える(教育する)ことなど


できないのではないでしょうか?


今回の「いたずら」が


なにか重大な事故につながっていたら… 


と思うと


看過できない「いたずら」と言えます。



よろしければランキングバナーの1クリックをお願いします。       

スポンサーサイト



[2020/06/17 09:55] 教育/学校/子ども | トラックバック(0) | コメント(0) | @
| ホーム |

最新記事

カテゴリ

ブログ (905)
政治 (340)
社会 (435)
スポーツ (440)
教育/学校/子ども (2561)
エンタメ (313)
おもしろブログパーツ (26)
商品紹介 (9)
おすすめ情報 (7)
アフェリエイト (0)

月別アーカイブ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブロとも一覧


JapanReport

Awesome!

gainly

あの歌の歌詞は?

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

QRコード

QR

【ショッピングコーナー】

お気に入りのアイテムがあるかもしれません

【ショッピングコーナー2】

人気のアイテムをラインナップしました!