fc2ブログ
通常の学級の授業で特別支援学級の児童は「邪魔」なのか?
沖縄本島中部の小学校の女性教員が6月、授業中に特別支援学級の児童が騒いだ際、「うるさいと思う人、邪魔だと思う人は手を挙げてください」と発言していたことがわかった。
以上、Yahooニュース(読売新聞オンライン)引用
https://news.yahoo.co.jp/articles/59272a0093fc438e050bc6c0f76adf280fdb0099


小学校の


特別支援学級は


教育上特別な支援を必要とする児童のために設置する学級です。


今回の事件は


「特別支援学級の児童と普通学級の児童が一緒に授業を受けていた際に起きた」


ということですので


いわゆる「通級」指導


の際に発生したということです。


通級指導とは


言語障害、難聴、LD、ADHD等の状況にある児童に対して


一人一人の児童生徒の障害に応じた特別の指導を行うものです。


通級に該当する児童は


各教科の指導を


主として通常の学級で受けますので


担当する教師は


教育上特別な支援を必要とする児童がいる


ということを念頭において


授業の計画や内容をつくる必要があります。


「特別支援学級の児童が騒いだ」


などということは


日常茶飯事です。


その状況に適切に対応することが


教師の役割ではないでしょうか。



よろしければランキングバナーの1クリックをお願いします。       

スポンサーサイト



[2020/09/15 12:23] 教育/学校/子ども | トラックバック(0) | コメント(0) | @
| ホーム |

最新記事

カテゴリ

ブログ (905)
政治 (340)
社会 (435)
スポーツ (440)
教育/学校/子ども (2554)
エンタメ (313)
おもしろブログパーツ (26)
商品紹介 (9)
おすすめ情報 (7)
アフェリエイト (0)

月別アーカイブ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブロとも一覧


JapanReport

Awesome!

gainly

あの歌の歌詞は?

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

QRコード

QR

【ショッピングコーナー】

お気に入りのアイテムがあるかもしれません

【ショッピングコーナー2】

人気のアイテムをラインナップしました!