fc2ブログ
ドーピング違反 勝つための手段?
ドーピング(禁止薬物使用)違反が大問題となったのは、88年ソウル大会の陸上男子100メートルのベン・ジョンソン(当時26)=カナダ=だった。決勝が行われた9月24日、ジョンソンは連覇を狙ったカール・ルイス(同27)=米国=を抑え、9秒79の世界新記録で優勝。だが、その3日後、ジョンソンはドーピング検査が陽性だったため、金メダルをはく奪され、選手団から追放処分となった。
以上、Yahooニュース(スポーツ報知)引用
https://news.yahoo.co.jp/articles/fc36c1b6105bec14e95bd5ac6c331015f56330bd


ドーピング違反…


困った問題ですね。


一部の競技選手において


禁止薬物の使用は


勝つための手段


なのでしょう。


記録を出すためには


何をしてもいい


という風潮があるのは残念なことです。


ドーピング違反の例を挙げると


たとえば


筋肉増強剤があります。


禁止されている筋肉増強剤の成分が


ドーピング検査で検出されないよう


分子構造を変えたものも出回っているようです。


関係者のあいだでは


成長ホルモン系の薬剤が


検知しにくいとも言われています。


さらに


持久力を高める


という目的で


競技直前に輸血を行い


赤血球を増やすことも


一部で行われているようです。



よろしければランキングバナーの1クリックをお願いします。       

スポンサーサイト



[2021/01/04 14:46] スポーツ | トラックバック(0) | コメント(0) | @
| ホーム |

最新記事

カテゴリ

ブログ (905)
政治 (340)
社会 (435)
スポーツ (440)
教育/学校/子ども (2554)
エンタメ (313)
おもしろブログパーツ (26)
商品紹介 (9)
おすすめ情報 (7)
アフェリエイト (0)

月別アーカイブ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブロとも一覧


JapanReport

Awesome!

gainly

あの歌の歌詞は?

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

QRコード

QR

【ショッピングコーナー】

お気に入りのアイテムがあるかもしれません

【ショッピングコーナー2】

人気のアイテムをラインナップしました!