fc2ブログ
教員は定額働かせ放題なのか? 時間外労働残業代は支給せず
教員の時間外労働に残業代が支払われていないのは違法だとして、埼玉県内の市立小学校の男性教員(62)が、県に約242万円の未払い賃金の支払いを求めた訴訟で、証人尋問と原告本人尋問が3月5日、さいたま地裁(石垣陽介裁判長)であった。
以上、Yahooニュース(弁護士ドットコムニュース)引用
https://news.yahoo.co.jp/articles/381fde7aec3854acafbeed993dc326b6586346ef


この問題を放置してはいけないと思います。


現状では


公立学校の教員の教職調整額は


一律で月給の4%支給となっています。


しかし


月給の4%支給によって


残業分をカバーするのは


困難な状況となっています。


実際には


残業時間が


過労死ラインともいわれる


週に20時間、月80時間を上回る教員が


相当の比率となっています。


すでに現実のものとなっている


教職離れ


を改善するためにも


教員の勤務時間、残業問題への対応が


喫緊の課題となっています。


早急に対策を講じないと


日本の学校教育が崩壊します。


授業、教材研究、生活指導を妨げるような雑務は


教員以外の職員が対応できるような体制を


構築することが求められています。


特に


部活動の顧問は


外部委託とすべきでしょう。



よろしければランキングバナーの1クリックをお願いします。       

スポンサーサイト



[2021/03/13 23:24] 教育/学校/子ども | トラックバック(0) | コメント(0) | @
| ホーム |

最新記事

カテゴリ

ブログ (905)
政治 (340)
社会 (435)
スポーツ (440)
教育/学校/子ども (2554)
エンタメ (313)
おもしろブログパーツ (26)
商品紹介 (9)
おすすめ情報 (7)
アフェリエイト (0)

月別アーカイブ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブロとも一覧


JapanReport

Awesome!

gainly

あの歌の歌詞は?

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

QRコード

QR

【ショッピングコーナー】

お気に入りのアイテムがあるかもしれません

【ショッピングコーナー2】

人気のアイテムをラインナップしました!