fc2ブログ
高校生が道徳教材制作/コロナ差別未然防止
新型コロナの感染が広がる中、感染者への偏見・差別、誹謗中傷が問題になっています。
コロナ差別を未然に防ごうと、宮崎県小林市の高校生が小中学生を対象にした道徳教材の制作に取り組んでいます。
以上、Yahooニュース(宮崎ニュースUMK)引用
https://news.yahoo.co.jp/articles/9d1a0cf702719d6f6dc34ebb9ebe45d085d60422


コロナ差別、偏見というと


たとえば


以下のようなものが挙げられます。


・検査陽性/感染、ということを理由に解雇する


・体調が回復しているのに出社させてくれない


・医療従事者の病院で陽性(感染)者が出たことを理由に、その子どもの登園を拒否する


・医療従事者の配偶者が出社を拒否される


・配送業者の子どもに対して、登校を拒否する


・介護施設の職員ということだけで、拒否的な態度を示す


・体調が回復し職場復帰した人に対して、後遺症を疑い拒否的な態度を示す


・県外ナンバーの来場者に施設を利用させない


・咳をすると、それをすべてコロナと思い込む


小林市教育委員会では


道徳教材として


この問題への認識を高めようとしているようです。


良い取り組みではありますが


生徒への伝え方と保護者への周知が必要です。


理由は


道徳の授業で指導されたことを


家庭内で保護者が否定する可能性があるからです。


生徒が保護者の考えを受け入れてしまうと


偏見や差別が助長されます。


そして


「教材を道徳の授業で活用しただけ」


というところで完結してしまう恐れがあります。


つまり


授業内容が生かされないということです。


授業で○○ということを学んだ。しかし、実際にはその○○は授業だけのことで、生活(道徳の実践)に生かされていない


ということです。



よろしければランキングバナーの1クリックをお願いします。       

スポンサーサイト



[2021/08/20 23:52] 教育/学校/子ども | トラックバック(0) | コメント(0) | @
| ホーム |

最新記事

カテゴリ

ブログ (905)
政治 (340)
社会 (435)
スポーツ (440)
教育/学校/子ども (2554)
エンタメ (313)
おもしろブログパーツ (26)
商品紹介 (9)
おすすめ情報 (7)
アフェリエイト (0)

月別アーカイブ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブロとも一覧


JapanReport

Awesome!

gainly

あの歌の歌詞は?

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

QRコード

QR

【ショッピングコーナー】

お気に入りのアイテムがあるかもしれません

【ショッピングコーナー2】

人気のアイテムをラインナップしました!