fc2ブログ
ブラック校則に「唖然としている」母
米国人で北九州市立大准教授(言語学)のアン・クレシーニさん=福岡県宗像市在住=が、会員制交流サイト(SNS)で不合理な校則の見直しを求める発信を続けている。
以上、Yahooニュース(西日本新聞)引用
https://news.yahoo.co.jp/articles/1a02f5c4f6c363058b6fbab6306e28b99ade48ef


校則


というものを掲げて


教師が理不尽な行為をくり返している状況は


まだまだあると思われます。


記事によると


「眉間の毛をそった生徒は教員からフェルトペンで線を描かれた」


と書かれていますが


このような不適切な行為は


学校という場から排除されなければなりません。


眉間の毛をそるのは


生徒からすれば“生徒の身だしなみ”の一環


ではないでしようか?


たとえば


眉を半分だけそる


とか


すべての眉をそる


という行為は問題があるでしょう。


ただ


この場合も


正当な理由(既往症、手術等でやむを得ないケース)があれば


それは認められるべきです。


一方


生徒の眉間にフェルトペンで線を描いた教師は


おそらく


校則違反を確認したので生徒の了解を得て指導した


と言うでしょう。


しかし、生徒の立場から考えると


“了解”ではなく“強制”になると思います。



よろしければランキングバナーの1クリックをお願いします。       

スポンサーサイト



[2021/10/17 23:17] 教育/学校/子ども | トラックバック(0) | コメント(0) | @
| ホーム |

最新記事

カテゴリ

ブログ (905)
政治 (340)
社会 (435)
スポーツ (440)
教育/学校/子ども (2560)
エンタメ (313)
おもしろブログパーツ (26)
商品紹介 (9)
おすすめ情報 (7)
アフェリエイト (0)

月別アーカイブ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブロとも一覧


JapanReport

Awesome!

gainly

あの歌の歌詞は?

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

QRコード

QR

【ショッピングコーナー】

お気に入りのアイテムがあるかもしれません

【ショッピングコーナー2】

人気のアイテムをラインナップしました!