fc2ブログ
「日本語が読めない人の存在を忘れていませんか?」/ひろゆき氏が警告
読み書きが困難な人は「ディスレクシア」と呼ばれ、日本人の8%が該当すると言われています。また、算数の簡単な文章題や国語の読解問題でも、日本人の3人に1人は理解できていないということが話題にもなりました。
以上、Yahooニュース(ダイヤモンド・オンライン)引用
https://news.yahoo.co.jp/articles/b123b61287ca556e17b751a72e1c39e218868895


細かいことですが


「日本語が読めない人の存在」


はもちろん


「日本語が読めても“理解できない”人の存在」にも


目を向ける必要がある


ということでしょう。


ではなぜ、


「算数の簡単な文章題や国語の読解問題でも、日本人の3人に1人は理解できていない」


のでしょうか?


たとえば


中学校の学習指導要領では


「小学校学習指導要領を踏まえ,小学校教育までの学習の成果が中学校教育に円滑に接続され,義務教育段階の終わりまでに育成することを目指す資質・能力を,生徒が確実に身に付けることができるよう工夫すること」


定めていますが


実際には 


義務教育段階で育成するとしている資質・能力を


身につけなくても


進級できるシステムになっています。


このような状況は


身についていない=理解できていない


という部分のとらえかたを


曖昧にしてしまう恐れがあります。


その結果


ディスレクシアも見逃されてしまう可能性が高くなるのです。


義務教育段階においては


ディスレクシアという状態にある生徒に


適切なケアを施し


これと同時に


進級の水準に達していない学習理解不十分の子ども


の取り扱いを検討すべきです。



よろしければランキングバナーの1クリックをお願いします。       

スポンサーサイト



[2021/11/10 23:06] 教育/学校/子ども | トラックバック(0) | コメント(0) | @
| ホーム |

最新記事

カテゴリ

ブログ (905)
政治 (340)
社会 (435)
スポーツ (440)
教育/学校/子ども (2563)
エンタメ (313)
おもしろブログパーツ (26)
商品紹介 (9)
おすすめ情報 (7)
アフェリエイト (0)

月別アーカイブ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブロとも一覧


JapanReport

Awesome!

gainly

あの歌の歌詞は?

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

QRコード

QR

【ショッピングコーナー】

お気に入りのアイテムがあるかもしれません

【ショッピングコーナー2】

人気のアイテムをラインナップしました!