fc2ブログ
教育熱心な家庭の子が問題児になることもある
幼少期に親から多くの愛情を受けた子供はいわゆる「よい子」に育つはずである。
以上、Yahooニュース(PHPオンライン衆知)引用
https://news.yahoo.co.jp/articles/1972abdc73f87f8d9a875a38a6fa10712f62e443


親から多くの愛情を受けて育った子どもは良い子に育つ。


これ


その通りだと思います。


ではなぜ


親から多くの愛情を受けていると思われるのに


「良い子」に育っていない子どもがいるのでしょうか?


この理由は


親から受けていたものが


本当の愛情ではなかった可能性が考えられます。


つまり


一見すると愛情「のように」みえますが


中身は違う


ということです。


愛情「のような」ものを子どもに押しつける親は


子どものことを考えているようで考えていないケースが少なくありません。


そして


親自身が


その不適切な養育態度に気づいていないのです。


親自身は正しいと思ってやっているため


不適切さに気づくはずもない


といえるでしょう。


結局


このような親は


子どもの立場で考えることはせず


“自分が優先=親自身のため”


という状況にあります。



よろしければランキングバナーの1クリックをお願いします。       

スポンサーサイト



[2021/11/14 23:06] 教育/学校/子ども | トラックバック(0) | コメント(0) | @
| ホーム |

最新記事

カテゴリ

ブログ (905)
政治 (340)
社会 (435)
スポーツ (440)
教育/学校/子ども (2616)
エンタメ (313)
おもしろブログパーツ (26)
商品紹介 (9)
おすすめ情報 (7)
アフェリエイト (0)

月別アーカイブ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブロとも一覧


JapanReport

Awesome!

gainly

あの歌の歌詞は?

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

QRコード

QR

【ショッピングコーナー】

お気に入りのアイテムがあるかもしれません

【ショッピングコーナー2】

人気のアイテムをラインナップしました!