fc2ブログ
過労死ラインにある教師の仕事と採用倍率低下
学校の先生をとりまく状況が深刻です。SNSでは長時間労働の大変さを訴える声が尽きません。厳しい労働環境が敬遠され、公立小学校教員の採用倍率が2倍を下回る自治体もあります。教員を志した学生たちは何を思うのでしょうか。
以上、Yahooニュース(朝日新聞デジタル)引用
https://news.yahoo.co.jp/articles/e1449bd126481be4da520d467a6fcade25034ed8?page=3


福岡市教委が導入する予定の


特別選考方式は


どうとらえればよいのでしょうか?


「教育実習の評価」と「県内15大学からの推薦」で採否を決める


となれば


筆記試験を免除する


ということになりますが


それでいいのでしょうか?


記事には


「現行方式だけでは適性のある学生を十分に確保できないという危機感がある」


と書かれていますが


筆記試験免除によって


基礎的な教養があるかないかわからないまま


合格者を受け入れるのは


問題があると思います。


このような選考方式を導入したら


質の低下が懸念されている状況が改善されず


さらなる質の低下を助長することになると思われます。


この点を認識しているかは不明ですが


いずれにしても


筆記試験免除方式を導入するのは確定のようですので


もしかしたら


質が低下しても


人員を確保すればよい


ということでしょうか?


とすれば


採用する側として


ちょっと無責任だと思います。



よろしければランキングバナーの1クリックをお願いします。       

スポンサーサイト



[2021/11/17 23:46] 教育/学校/子ども | トラックバック(0) | コメント(0) | @
| ホーム |

最新記事

カテゴリ

ブログ (905)
政治 (340)
社会 (435)
スポーツ (440)
教育/学校/子ども (2616)
エンタメ (313)
おもしろブログパーツ (26)
商品紹介 (9)
おすすめ情報 (7)
アフェリエイト (0)

月別アーカイブ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブロとも一覧


JapanReport

Awesome!

gainly

あの歌の歌詞は?

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

QRコード

QR

【ショッピングコーナー】

お気に入りのアイテムがあるかもしれません

【ショッピングコーナー2】

人気のアイテムをラインナップしました!