fc2ブログ
理科・数学教諭不足のため「理系ポスドク」募集/大阪市教委
大阪市教育委員会は2024年度から、教員免許がなくても教壇に立てる特別免許状制度を活用し、理系の博士号を持つ研究員(ポスドク)らを、市立中学校の教諭として採用する方針を固めた。
以上、Yahooニュース(読売新聞オンライン)引用
https://news.yahoo.co.jp/articles/5ad575704c974360c267f594442bde7e34c4eda1


大阪市教委の


“教諭、足りません”


に対する方策としては


目の付けどころが


ずれていると思います。


記事には


「教諭のなり手不足が続いており、雇用状況が不安定なポスドクから専門性を持つ優秀な人材を確保する狙いがある」


と書かれていますが


ポスドクに身をおく方々は


教諭を目指しているわけではありません。


彼らが目指しているものは「研究者」です。


確かに


到達点としている「研究者」という職は


簡単に手に入るものではありません。


それでも


可能性を信じて研究を続けているのです。


そういった人たちが


教諭という職を積極的に選ぶとは思えません。


なぜなら


教諭を選んだ時点で


研究者への道は


ほぼ閉ざされるからです。


ただ


研究者を諦めて教諭になろうとする人がどれほどいるのか


興味深い点ではあります。



よろしければランキングバナーの1クリックをお願いします。       

スポンサーサイト



[2021/12/09 23:31] 教育/学校/子ども | トラックバック(0) | コメント(0) | @
| ホーム |

最新記事

カテゴリ

ブログ (905)
政治 (340)
社会 (435)
スポーツ (440)
教育/学校/子ども (2616)
エンタメ (313)
おもしろブログパーツ (26)
商品紹介 (9)
おすすめ情報 (7)
アフェリエイト (0)

月別アーカイブ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブロとも一覧


JapanReport

Awesome!

gainly

あの歌の歌詞は?

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

QRコード

QR

【ショッピングコーナー】

お気に入りのアイテムがあるかもしれません

【ショッピングコーナー2】

人気のアイテムをラインナップしました!