fc2ブログ
高校の国語は文学軽視 実用的文章重視?
2022年4月から高校の国語教育が変わる。新学習指導要領にのっとって、文学よりも実用的文章を重視する傾向が強まるのだ。
以上、Yahooニュース(AERA dot.)引用
https://news.yahoo.co.jp/articles/43ead7535d42ae6cece05167f8b2fff990b86a30?page=1


学校教育の七五三問題とは


児童生徒が


小・中・高校の教育内容を理解できている割合を示しています。


具体的には


小学生7割、中学生5割、高校生3割が


学校で学ぶ内容を理解できているということ意味しています。


記事では


高校の国語がテーマとなっていますが


上記の比率をあてはめると


高校生は


その七割が高校の学習内容を理解していない


ということになります。


であれば


高校の国語で


どのような内容を取り扱っても


多くの高校生には


その学習内容が伝わらないのです。


記事には


高校の学びで


文学に触れないと


「自分の範疇を超えた他者の気持ちがわからない人」に育つと書かれていますが


他者の気持ちへの配慮や気づきは


国語“以前”の問題です。


他者の気持ちへの配慮や気づきをはぐくむことは


第一に「親」の役割、


第二に


“教科化”した小・中学校の道徳(「特別の教科 道徳」)


の役割です。


しかし


「特別の教科 道徳」は年間35単位時間(週1回の授業)ですので


学校にはあまり期待はできません。


とすれば


親の役割が大きいと思います。



よろしければランキングバナーの1クリックをお願いします。       

スポンサーサイト



[2022/01/01 23:36] 教育/学校/子ども | トラックバック(0) | コメント(0) | @
| ホーム |

最新記事

カテゴリ

ブログ (905)
政治 (340)
社会 (435)
スポーツ (440)
教育/学校/子ども (2553)
エンタメ (313)
おもしろブログパーツ (26)
商品紹介 (9)
おすすめ情報 (7)
アフェリエイト (0)

月別アーカイブ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブロとも一覧


JapanReport

Awesome!

gainly

あの歌の歌詞は?

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

QRコード

QR

【ショッピングコーナー】

お気に入りのアイテムがあるかもしれません

【ショッピングコーナー2】

人気のアイテムをラインナップしました!