fc2ブログ
ひろゆき氏 幼児教育は「お金も時間もない親がやっても効果は薄い」
幼児教育を受けさせるには、大前提として親の資金と時間が必要になります。日本の共働き世帯の状況では難しく、お金持ちの家庭か専業主婦・主夫がいる家庭か、もしくは大家族で誰かしらが子どものケアができる環境にあるという条件が満たされないと、効果的な幼児教育を施すこと自体が難しいと思います。
以上、Yahooニュース(週刊SPA!)引用
https://news.yahoo.co.jp/articles/d42730a1c1249d4b59173580a068bfed60225fcf?page=2


たとえば


幼児向けの英語教室ですが


何のためにそこに通わせるか


ということを明確にしておく必要があります。


小さな子どもに


英語を強制しても


学びの効果は上がりません。


また


英語に力を入れ過ぎると


日本語の習得に悪影響が出ます。


第二言語として英語を考えているなら


まずやるべきことは


日本語の習得と習熟です。


英語を第二言語ととらえず


小学校の科目である英語への橋渡しと考えるなら


幼児期からの英語教室は


デメリットのほうが色濃くなります。


そして


母国語である日本の習得が不十分であると


英語の学習にも良い影響はありません。


日本は


英語ができなくても


日常生活に支障なしなので


小学校から英語を一律に教えても


学習効果は


あまり期待できないと思います。


英語より日本語の学習を徹底することが


必要なのではないでしょうか。



よろしければランキングバナーの1クリックをお願いします。       

スポンサーサイト



[2022/01/02 23:35] 教育/学校/子ども | トラックバック(0) | コメント(0) | @
| ホーム |

最新記事

カテゴリ

ブログ (905)
政治 (340)
社会 (435)
スポーツ (440)
教育/学校/子ども (2559)
エンタメ (313)
おもしろブログパーツ (26)
商品紹介 (9)
おすすめ情報 (7)
アフェリエイト (0)

月別アーカイブ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブロとも一覧


JapanReport

Awesome!

gainly

あの歌の歌詞は?

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

QRコード

QR

【ショッピングコーナー】

お気に入りのアイテムがあるかもしれません

【ショッピングコーナー2】

人気のアイテムをラインナップしました!