fc2ブログ
「あなたはこういうタイプだよね」と一方的に決めつける残念な思考/ひろゆき氏
僕は、現段階で「生きている人」の中で「心から尊敬する人」っていないんですよ。いくら素晴らしい偉業を達成していたり、偉大な賞を受賞していても、生きている限り、裏で悪いことをしていたり、自分と利害関係が生まれる可能性がゼロではないからです。
 しょせん人間なんだから、ミスしたり、道を踏み外したり、裏ではクソ野郎である確率は、全員、平等にあります。
以上、Yahooニュース(ダイヤモンド・オンライン)引用
https://news.yahoo.co.jp/articles/58c9517cd247eed213bcfccae7420c85d3f078fe


完璧な人間は


この世に存在しません。


違う言い方で表すと


完璧じゃないからこそ


人間


なのです。


記事には


「しょせん人間なんだから、ミスしたり、道を踏み外したり、裏ではクソ野郎である確率は、全員、平等にあります」


と書かれていますが


これは


後世に名を残した人物にもあてはまります。


たとえば


『人間不平等起源論』や『社会契約論』、『エミール』などで知られる


ジャン=ジャック・ルソーは


私生活において


マゾヒズムや露出癖、被害妄想があったと言われています。


ところで


他者に対して


“「こういうタイプだ」と決めつける”光景は


世の中に溢れかえっていると思いますので


あまり縛られずに


うまく付き合っていかなければなりません。


それでも


人間は


他者からの評価やラベリングによって


自分自身を固定的にとらえてしまう傾向があります。


こうした「思い込み」が


ネガティブなもの(「あなたは頭が悪い」「なにをやってもダメ」等)であると


自己発揮ができない状態に追いやられる可能性が高くなります。


特に子どもの場合は。


ということで…


子どもに対するネガティブな「決めつけ」は


やめていただきたいと思います。



よろしければランキングバナーの1クリックをお願いします。       

スポンサーサイト



[2022/01/25 23:15] 教育/学校/子ども | トラックバック(0) | コメント(0) | @
| ホーム |

最新記事

カテゴリ

ブログ (905)
政治 (340)
社会 (435)
スポーツ (440)
教育/学校/子ども (2557)
エンタメ (313)
おもしろブログパーツ (26)
商品紹介 (9)
おすすめ情報 (7)
アフェリエイト (0)

月別アーカイブ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブロとも一覧


JapanReport

Awesome!

gainly

あの歌の歌詞は?

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

QRコード

QR

【ショッピングコーナー】

お気に入りのアイテムがあるかもしれません

【ショッピングコーナー2】

人気のアイテムをラインナップしました!