fc2ブログ
生徒や保護者に好評の「習熟度別指導」/神戸市
生徒を理解度に応じたグループに分けて教える習熟度別指導。
以上、Yahooニュース(神戸新聞NEXT)引用
https://news.yahoo.co.jp/articles/5ff4fd87ec5cd8e617dea87012a3dab92808cd36


文部科学省は


義務教育において


個に応じたきめ細かな指導を実現するため


習熟度別指導を奨励しています。


しかし


記事によると


習熟度別指導を「実施していない」という回答が


全国で49・4%となっています。


およそ半数もの小・中学校が習熟度別指導を行っていないのは驚きです。


“驚き”の理由は


習熟度に応じた指導を行うのは


学校の責任だからです。


言うまでもなく


習熟度別指導を行わなければ


理解不足の状態となってしまう児童・生徒が何人も出てきます。


これでは


教育基本法が掲げる


「すべて国民は、ひとしく、その能力に応じた教育を受ける機会を与えられなければならず…」


という理念が実現できません。


一方で


理解がはやく習熟度が高い児童・生徒に対しては


それに合わせた教育を施すことが求められます。


いわゆる


「吹きこぼれ」や「浮きこぼれ」と呼ばれる児童・生徒への対応です。


以上から


義務教育諸学校においては


習熟度別指導を積極的に取り入れるべきと考えます。



よろしければランキングバナーの1クリックをお願いします。       

スポンサーサイト



[2022/01/28 23:08] 教育/学校/子ども | トラックバック(0) | コメント(0) | @
| ホーム |

最新記事

カテゴリ

ブログ (905)
政治 (340)
社会 (435)
スポーツ (440)
教育/学校/子ども (2562)
エンタメ (313)
おもしろブログパーツ (26)
商品紹介 (9)
おすすめ情報 (7)
アフェリエイト (0)

月別アーカイブ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブロとも一覧


JapanReport

Awesome!

gainly

あの歌の歌詞は?

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

QRコード

QR

【ショッピングコーナー】

お気に入りのアイテムがあるかもしれません

【ショッピングコーナー2】

人気のアイテムをラインナップしました!