fc2ブログ
極端な貧富の差のなかで抱える少子高齢化問題/中国の難題(2)
前回の続きです。


当局が提示した


「三人っ子政策」は


極端な貧富の差において


その上位にある富裕層や


その階層に近い国民には


受け入れられるかもしれません。


しかし


富裕層やその階層に近い国民が「三人っ子政策」を実行したとしても


当局が考えるような結果にはならないと思います。


つまり


少子化は改善されない


ということです。


このように


当局による産児制限緩和策の見通しは


不透明なものとなっています。


一方で


これに拍車をかけるような問題が中国で発生しています。


それは


「躺平(タンピン)」


という社会現象の出現です。


中国では


「横たわる」「寝そべる」という意味の「躺平」が


一部の若者の実態を表す言葉として注目されています。


ここでいう“一部の若者の実態”とは


最低限しか働かず、結婚もせず、子どもも持たず、家や車も買わず…


消費を極力抑え質素な生活をおくる状況を指しています。


なぜ「躺平」現象が表出してきたのでしょうか。


中国の熾烈な競争社会への抵抗なのかもしれません。



よろしければランキングバナーの1クリックをお願いします。       

スポンサーサイト



[2022/03/21 23:33] 教育/学校/子ども | トラックバック(0) | コメント(0) | @
| ホーム |

最新記事

カテゴリ

ブログ (905)
政治 (340)
社会 (435)
スポーツ (440)
教育/学校/子ども (2554)
エンタメ (313)
おもしろブログパーツ (26)
商品紹介 (9)
おすすめ情報 (7)
アフェリエイト (0)

月別アーカイブ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブロとも一覧


JapanReport

Awesome!

gainly

あの歌の歌詞は?

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

QRコード

QR

【ショッピングコーナー】

お気に入りのアイテムがあるかもしれません

【ショッピングコーナー2】

人気のアイテムをラインナップしました!