fc2ブログ
中高一貫の不登校特例校を2023年4月に新設/宮城・白石市
宮城県白石市は2023年4月、公立では東北初となる小中一貫の不登校特例校の新設を目指す方針を明らかにしました。
以上、Yahooニュース(khb東日本放送)引用
https://news.yahoo.co.jp/articles/c97703454a2c354a1f2a1c192f26949e1fdffd15


「職場体験などを通じて社会性を育む教育を実施する」


という点については


よい取り組みだと思います。


ですが


なぜ「登校時間を遅らせるなど子どもたちが通いやすい環境を作り…」


となるのでしょうか?


不登校の生徒は


さまざまな要因で不登校となっています。


「登校時間を遅らせる」ことが


意味をなさない生徒もいます。


少なくとも


「登校時間を遅らせる」ということを


学校側の姿勢として示すべきではありません。


教育をほどこす側としては


個々の事情により不登校となったことを受け入れつつも


生徒の「その先のこと」を考えて


指導にあたる必要があります。


「登校時間を遅らせる」


ということは


一般的な登校時間より遅く授業がはじまることを意味しています。


しかし


不登校生徒の学びの可能性と生活習慣の適正化を考慮して


学校の時間割は


できるだけ一般の学校と同じものにすべきです。


それでも


登校時間を遅らせることにこだわるなら


その「対象」は


特別の事情(病気や〇〇症候群等により朝起きれないなど)のある生徒に限定したほうがいいと思います。



よろしければランキングバナーの1クリックをお願いします。       

スポンサーサイト



[2022/03/25 23:45] 教育/学校/子ども | トラックバック(0) | コメント(0) | @
| ホーム |

最新記事

カテゴリ

ブログ (905)
政治 (340)
社会 (435)
スポーツ (440)
教育/学校/子ども (2554)
エンタメ (313)
おもしろブログパーツ (26)
商品紹介 (9)
おすすめ情報 (7)
アフェリエイト (0)

月別アーカイブ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブロとも一覧


JapanReport

Awesome!

gainly

あの歌の歌詞は?

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

QRコード

QR

【ショッピングコーナー】

お気に入りのアイテムがあるかもしれません

【ショッピングコーナー2】

人気のアイテムをラインナップしました!