fc2ブログ
大学入試に指定校推薦という形式がある/試験なのか?
大学入試にはさまざまな方式がありますが、推薦入試(学校推薦型選抜)で入学を決める受験生が3分の1に上ります。
以上、Yahooニュース(高校生新聞オンライン)引用
https://news.yahoo.co.jp/articles/781bd09fcf6c2ae3d27a11fdfb6696947fe31906


大学入試の形式のひとつとして


指定校推薦入試


というものがありますが


「入試」とはいっても


その実態は


一部の上位大学を除いて


“名ばかりの試験”となっています。


これを象徴しているのが


「指定校推薦は落ちない」というとらえかたです。


この点についてもう少し詳しく書くと


指定校推薦は稀に落ちることはあるが落ちる可能性は極めて低い


となります。


なぜ


指定校推薦は落ちる可能性が極めて低いのでしょうか?


理由は


受験者が在籍している高校で


成績に基づいた選抜が行われているからです。


在籍高校で成績が良く


その成績が志望している大学の成績基準を満たしていて


なおかつ高校からの推薦を受けることができれば


「指定校枠」に入れるということです。


このように


高校から推薦されて願書を出しますので


指定校推薦入試において大学側が行うことは


願書、提出書類(小論文、活動報告など)の確認、面接の実施等が中心になります。


なにか大きな問題が無い限り合格という流れになります。


しかし


指定校推薦にはいくつかのデメリットがあります。


ひとつ取り上げると…


「学力差」という問題です。


大学によっては


学生を確保する手段として多くの高校に「指定校枠」を設定しています。


たとえば


偏差値の低い高校で良い成績を得て指定校推薦で合格しても


大学入学後に授業についていけない状況となり


修学意欲が低下してしまう学生の存在が指摘されています。



よろしければランキングバナーの1クリックをお願いします。       

スポンサーサイト



[2022/04/01 23:29] 教育/学校/子ども | トラックバック(0) | コメント(0) | @
| ホーム |

最新記事

カテゴリ

ブログ (905)
政治 (340)
社会 (435)
スポーツ (440)
教育/学校/子ども (2553)
エンタメ (313)
おもしろブログパーツ (26)
商品紹介 (9)
おすすめ情報 (7)
アフェリエイト (0)

月別アーカイブ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブロとも一覧


JapanReport

Awesome!

gainly

あの歌の歌詞は?

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

QRコード

QR

【ショッピングコーナー】

お気に入りのアイテムがあるかもしれません

【ショッピングコーナー2】

人気のアイテムをラインナップしました!