fc2ブログ
「こんなところに太陽はありません」が心の傷になることもある/幼稚園のお絵かき
《幼稚園の頃に先生に言われたことがいまだに心にひっかかっています。 先生の真意は分かりませんが「絵を描くことにやってはいけないことがあるんだ」と当時は思いました。 人を傷つけたり犯罪行為でなければ自由に描いていいんじゃないかな、と今は思っています》とツイッターに投稿すると、3万件以上の「いいね」がつきました。
以上、Yahooニュース(withnews)引用
https://news.yahoo.co.jp/articles/8f4fec28b9ae7c7b53df831f90cfae1b99f19965


記事に出てくる幼稚園教諭は


「絵を描くことにやってはいけないことがあるんだ」


と子どもが思い込む状況に追いこんでいます。


これ


保育ではなく


単に大人目線の価値観の押しつけです。


保育の場でなにをしているのでしょうか? 


おそらく


いまでもこのような幼稚園教諭はたくさんいるのでしょうが


保育者としての適性に問題があると思います。


お絵かきは


子どもが自分の発想に基づいて自由に取り組む活動です。


その成果に対して


「こんなところに太陽はありません」


とか


「この色を使ってはいけません」


とは…


最早… 苦笑するしかありません。


だいじょうぶですか?


このような保育者が


子どもの学び、発想力、可能性の芽を摘むのです。


太陽がどこにあろうが


どんな色を使おうが


それは子どもの自由です。


もっと言えば…


大人からみて


太陽にみえないものであっても


描いた子どもがそれを太陽と主張すれば太陽なのです。


子どもが描いた絵を否定することは


子どもの描画表現の自由を奪う行為です。


ほんとうにやめていただきたい。



よろしければランキングバナーの1クリックをお願いします。       

スポンサーサイト



[2022/04/06 23:39] 教育/学校/子ども | トラックバック(0) | コメント(0) | @
| ホーム |

最新記事

カテゴリ

ブログ (905)
政治 (340)
社会 (435)
スポーツ (440)
教育/学校/子ども (2560)
エンタメ (313)
おもしろブログパーツ (26)
商品紹介 (9)
おすすめ情報 (7)
アフェリエイト (0)

月別アーカイブ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブロとも一覧


JapanReport

Awesome!

gainly

あの歌の歌詞は?

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

QRコード

QR

【ショッピングコーナー】

お気に入りのアイテムがあるかもしれません

【ショッピングコーナー2】

人気のアイテムをラインナップしました!