fc2ブログ
日本の小学校では子ども同士のコミュニケーションを重視する?/日仏の学校教育の違い
教育で何を重視するか──。フランスと日本では大きな違いがあるようだ。
以上、Yahooニュース(AERA dot.)引用
https://news.yahoo.co.jp/articles/8c316a47ff268d1207b7800b0dd3b5d70d58d1a3


「友だちに注意をされ、先生に言いつけられたということが不服だった」


とのことですが


ルールを守らないから注意されるのです。


不服であっても


注意されて良かったととらえるべきです。


なぜなら


注意されなければ


その不適切な行為が


ほかのクラスメートにも広がる可能性が高いからです。


その結果


クラスのまとまりがなくなり


まとまりのなさが


授業やその他の活動に


悪影響を与えるのです。


日本では


授業中に(先生が少し教室を空けたとしても)教室内を立ち歩くのは良くないことという認識になります。


日本からみれば


この「あたりまえ」のことがフランスでは理解されにくいのでしょうか?


記事に書いてあるように


「仏の小学校には運動会どころか入学式や卒業式もない」のがほんとうであれば


「あたりまえ」のことを


子どもたちに伝える機会が少ないのでしょう。


記事を読む限りでは


フランスの小学校は


知・徳・体のうち


徳の部分が弱いのかもしれません。



よろしければランキングバナーの1クリックをお願いします。       

スポンサーサイト



[2022/04/13 23:51] 教育/学校/子ども | トラックバック(0) | コメント(0) | @
| ホーム |

最新記事

カテゴリ

ブログ (905)
政治 (340)
社会 (435)
スポーツ (440)
教育/学校/子ども (2553)
エンタメ (313)
おもしろブログパーツ (26)
商品紹介 (9)
おすすめ情報 (7)
アフェリエイト (0)

月別アーカイブ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブロとも一覧


JapanReport

Awesome!

gainly

あの歌の歌詞は?

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

QRコード

QR

【ショッピングコーナー】

お気に入りのアイテムがあるかもしれません

【ショッピングコーナー2】

人気のアイテムをラインナップしました!