fc2ブログ
摂食障害の低年齢化が進んでいる/九州大病院
スリムな体形への憧れをきっかけに、食事の量を減らして極端に痩せたり、過剰に食べて吐いたりする「摂食障害」。
以上、Yahooニュース(西日本新聞)引用
https://news.yahoo.co.jp/articles/9e8cd7d60dd4f8a2cef334f12768a2567cf62e18?page=1


神経性やせ症は


摂食障害の二分類である


「拒食症」「過食症」のうち


「拒食症」に属するものです。


また


神経性やせ症は


「過食+排出型」と「制限型」に分けられます。


表現の仕方としては


神経性やせ症のほか


「神経性無食欲症」や「神経性食欲不振症」


という言い方をする場合もあります。


記事には


「一斉休校や部活自粛で友人との触れ合いが減り、意識が自分自身の内側に向かった結果、体形や体重が過剰に気になりだしたのではないか」


と書かれています。


確かに


コロナ禍による日常生活の変化が


思春期の子どもたちに


さまざまな影響を与えている可能性は高いと思われます。


学校生活において


行動制限が当たり前となったことにより


他者とのコミュニケーションの減少…


運動する機会の減少…


自己表現や自己発揮をする機会の減少…


といった状況が続き


神経性やせ症も


低年齢化の傾向がみられるようになってきたのだと思います。



よろしければランキングバナーの1クリックをお願いします。       

スポンサーサイト



[2022/04/22 23:33] 教育/学校/子ども | トラックバック(0) | コメント(0) | @
| ホーム |

最新記事

カテゴリ

ブログ (905)
政治 (340)
社会 (435)
スポーツ (440)
教育/学校/子ども (2561)
エンタメ (313)
おもしろブログパーツ (26)
商品紹介 (9)
おすすめ情報 (7)
アフェリエイト (0)

月別アーカイブ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブロとも一覧


JapanReport

Awesome!

gainly

あの歌の歌詞は?

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

QRコード

QR

【ショッピングコーナー】

お気に入りのアイテムがあるかもしれません

【ショッピングコーナー2】

人気のアイテムをラインナップしました!