fc2ブログ
多すぎる練習 教師はレベルを上げて完成度を求める/コロナ禍の運動会
運動会の季節です。昔は「運動会」は秋が定番でしたが、最近はこの時期、5月に開催する学校が多くなりました。コロナ禍で規模が縮小されているものの、今の時期はやはり、練習や準備のたけなわでしょう。
以上、Yahooニュース(週刊女性PRIME)引用
https://news.yahoo.co.jp/articles/64e432d90606a3f22ae7080735bdc900744f41e7


「先生たちは、運動会の練習のためにかなりの時間を割いている」


とのことですが


児童・生徒ファースト


で練習の時間が長くなるのは


やむを得ない


と思います。


しかし


いつしか


完成度を高める練習が


子どもたちを置き去りにしてしまうケースがあります。


子どもの思いに配慮しない長時間の練習…


これ


だれのためにやっているのでしょうか?


運動会の主役は


児童・生徒です。


記事には


「そんなことを言われたら悔しくて、つい頑張ってしまう先生たちの気持ちもわかりますが…」


と書かれていますが


教師だけが頑張っても意味がありません。


また


教師の頑張りを子どもたちに求めすぎるのは不適切な指導です。


無理のない範囲で練習をして


その結果が「未完成」「ぐだぐだ」でもいいと思います。


なぜなら


それが児童・生徒の頑張りなのですから。



よろしければランキングバナーの1クリックをお願いします。       

スポンサーサイト



[2022/05/28 23:12] 教育/学校/子ども | トラックバック(0) | コメント(0) | @
| ホーム |

最新記事

カテゴリ

ブログ (905)
政治 (340)
社会 (435)
スポーツ (440)
教育/学校/子ども (2563)
エンタメ (313)
おもしろブログパーツ (26)
商品紹介 (9)
おすすめ情報 (7)
アフェリエイト (0)

月別アーカイブ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブロとも一覧


JapanReport

Awesome!

gainly

あの歌の歌詞は?

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

QRコード

QR

【ショッピングコーナー】

お気に入りのアイテムがあるかもしれません

【ショッピングコーナー2】

人気のアイテムをラインナップしました!