fc2ブログ
6年間英語を学んだ日本の女子高生 アメリカ留学で突きつけられた現実
ウィスコンシン州の小さな町で耳にする英語は、私が中学・高校で6年間、習ってきた英語とはまったく別物のように聞こえる。話すスピードが、ものすごく速い。
以上、Yahooニュース(文春オンライン)引用
https://news.yahoo.co.jp/articles/045d58e5dd029f9b4f38e630529dac5206576821?page=2


記事には


「1つひとつの単語を、私が学校で習ったように丁寧にはっきりと発音しない」


と書かれていますが


これ


ふつうのことです。


日本語にも同じことが言えるのでは?


とりあえず…


日本でどれだけ英語を勉強しても


その勉強の成果を活用しなければ


会話力は向上しません。


つぎに


「あれだけ練習した How do you do? は、どこかにすっ飛んだ。その後のアメリカの生活で、1度も聞かなかったかもしれない。」


についてですが


How do you do?は丁寧な言い方です。


しかし


日常生活のなかでは


ほぼ使われてない表現


といっていいと思います。


古い表現… といったところでしょうか。


「思わず道路を指さし、『ストレート!』とつぶやくと、彼女は What? と首をかしげている」…?


ストレートと言ったのなら


通じないと思います。


理由は


“日本語化”しているからです。


記事に書いてある状況からすると…


「It's a straight road」


でしょうか。


この発音を文字で表すと


「イッツァ ストゥレィ ロォゥードッ」


という感じになります。


アメリカ英語


という点からみると


州によって表現のしかたが違う言葉もたくさんあります。


straight road が出てきましたので


そのつながりでいくと


たとえば


「高速道路」は


‘highway’が一般的ですが


‘freeway’という呼び方があり


これは


カリフォルニア州、ワシントン州、ネバダ州などで使われています。



よろしければランキングバナーの1クリックをお願いします。       

スポンサーサイト



[2022/06/25 23:39] 教育/学校/子ども | トラックバック(0) | コメント(0) | @
| ホーム |

最新記事

カテゴリ

ブログ (905)
政治 (340)
社会 (435)
スポーツ (440)
教育/学校/子ども (2562)
エンタメ (313)
おもしろブログパーツ (26)
商品紹介 (9)
おすすめ情報 (7)
アフェリエイト (0)

月別アーカイブ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブロとも一覧


JapanReport

Awesome!

gainly

あの歌の歌詞は?

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

QRコード

QR

【ショッピングコーナー】

お気に入りのアイテムがあるかもしれません

【ショッピングコーナー2】

人気のアイテムをラインナップしました!