fc2ブログ
祖母から「危ないからダメ」と言われ続けた少女
親が「よかれと思って」実践している声かけ・子育てが子どもの未来を呪ってしまっている。
以上、Yahooニュース(東洋経済オンライン)引用
https://news.yahoo.co.jp/articles/733187afc38cec88b2bca6166f9f71c1b6138935


祖母が孫に対して


「危ないことはしちゃダメよ」とか「気をつけないとね」


と言うのはふつうのことで


特に問題はありません。


しかし


孫がブランコに乗ろうとしているのに


「危ないからやめておこうね」


というのは間違った関わり方です。


また


川のそばに咲く花を摘もうと土手を下りようとしている状況に対して


それをやめさせることも不適切です。


祖母は


自分の経験をふまえて


孫を気遣っているのでしょうが


それは


子どもの成長を妨げる行為です。


子どもは


さまざまな経験や体験から


多くのことを学びます。


当然ですが


経験や体験には


危険なことも含まれます。


日常生活において危険を回避することは必要ですが


危険を避けることを学ぶために経験しなければならないこともあります。


たとえば


「おばあちゃんが昔いた学校で、ブランコのチェーンに指を挟まれて大ケガした子がい」たのであれば


ブランコに乗る際の注意点を伝えて


ブランコに乗る楽しさを経験させるのが


祖母の役割ではないでしょうか。



よろしければランキングバナーの1クリックをお願いします。       

スポンサーサイト



[2022/08/11 23:18] 教育/学校/子ども | トラックバック(0) | コメント(0) | @
| ホーム |

最新記事

カテゴリ

ブログ (905)
政治 (338)
社会 (435)
スポーツ (440)
教育/学校/子ども (2043)
エンタメ (312)
おもしろブログパーツ (26)
商品紹介 (9)
おすすめ情報 (7)
アフェリエイト (0)

月別アーカイブ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブロとも一覧


JapanReport

Awesome!

gainly

あの歌の歌詞は?

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

QRコード

QR

【ショッピングコーナー】

お気に入りのアイテムがあるかもしれません

【ショッピングコーナー2】

人気のアイテムをラインナップしました!