fc2ブログ
高校球児に熱中症多発/夏の甲子園で足がつる
阪神甲子園球場(兵庫県西宮市)で開催中の第104回全国高校野球選手権大会で、試合中に選手の足がつり、手当てを受けるケースが相次いでいる。
以上、Yahooニュース(毎日新聞)引用
https://news.yahoo.co.jp/articles/57bcd68f8bbb7b380ea2b55d5a5f9b9016d4f0fd


記事によると


「海星(長崎)の丸本将吾遊撃手は六回の守備が終わり、ベンチに引き揚げる際に足がつり、選手らに抱えられながら戻った」


「日本文理(新潟)の玉木聖大右翼手も守備で安打を処理した際に足がつり、グラウンドに座り込んで担架で運ばれた」


「八戸学院光星(青森)の右翼手が七回の守りで足がつり、途中交代した」


「愛工大名電(愛知)の先発投手が六回の投球中に足がつり、ベンチ裏でアイシングを受けて再びマウンドに戻った」


という事態になっています。


以上から


すでに状況は差し迫っていると思われます。


しかし


もっと大きな問題が発生しないと動かない


というのが日本(日本人)の特徴です。


今回の問題についても


熱中症で死者が出るとか


そういった事態にならないと


何もしないのでしょう。


健康被害の危機に晒されている球児が


気の毒です。


なぜ


運営側や学校関係者は


対策に乗り出さないのでしょうか?


ほんとうにどうかしていると思います。


記事には


「夏の甲子園では将来的に、気温が上昇する昼間を避けた朝と夕の『2部制』での開催などが検討されている」


と書かれていますが


“将来的に… 検討されている”


などと言っている場合ではないと思います。


早急に対応、改善すべき問題です。



よろしければランキングバナーの1クリックをお願いします。       

スポンサーサイト



[2022/08/12 23:25] 教育/学校/子ども | トラックバック(0) | コメント(0) | @
| ホーム |

最新記事

カテゴリ

ブログ (905)
政治 (340)
社会 (435)
スポーツ (440)
教育/学校/子ども (2560)
エンタメ (313)
おもしろブログパーツ (26)
商品紹介 (9)
おすすめ情報 (7)
アフェリエイト (0)

月別アーカイブ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブロとも一覧


JapanReport

Awesome!

gainly

あの歌の歌詞は?

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

QRコード

QR

【ショッピングコーナー】

お気に入りのアイテムがあるかもしれません

【ショッピングコーナー2】

人気のアイテムをラインナップしました!