fc2ブログ
通信制高校で基準新設 生徒80人に教員1人以上/文部科学省
通信制高校できめ細かな指導を行う体制を整備するため、文部科学省は必要な教員数の基準を新設し、生徒80人当たり教員1人以上とすることを決めた。関係省令を改正し、2023年度以降の適用を目指す。
以上、Yahooニュース(共同通信)引用
https://news.yahoo.co.jp/articles/386c9d0cf3b1441ba7bd68c97340c0374d8bda6d


通信制高校については


「通信制高等学校の質の確保・向上に関する調査研究協力者会議(審議まとめ)」(令和3年)のなかで


「個々の生徒の状況に応じた学習相談や教育相談等のきめ細かな指導・支援が必要なことがより一層実感されることとなった。…高等学校通信制課程についても、学習機会と学力を保障するという役割のみならず、全人的な発達・成長を保障する役割」の必要性を掲げています。


しかし


「生徒80人当たり教員1人以上」という基準で


学習機会と学力の保障や


全人的な発達・成長の保障が達成できるのでしょうか?


新設される基準では


上記の趣旨を


「掲げただけ」


で終わってしまう可能性が高いと思われます。


たとえば


高校標準法では


「公立の高等学校(中等教育学校の後期課程を含む。以下この条において同じ。)の全日制の課程又は定時制の課程における一学級の生徒の数は、四十人を標準とする。(第六条)」


と定められています。


また


高校の教員ひとりあたりの生徒数の全国平均は


「14.11(平成28)」となっています。


通信制だから「生徒80人当たり教員1人以上」でいい


という認識でしょうか?


しかし


通学を主とした高校に比べると


通信制高校には


さまざまな問題をかかえて入学してくる子どもが相当数いると推察されます。


文部科学省は


どのような根拠で


「生徒80人当たり教員1人以上」という基準にしたのでしょうか?


この基準では


「きめ細かな指導を行う体制」が整備できないと思います。



よろしければランキングバナーの1クリックをお願いします。       

スポンサーサイト



[2022/09/03 23:11] 教育/学校/子ども | トラックバック(0) | コメント(0) | @
| ホーム |

最新記事

カテゴリ

ブログ (905)
政治 (340)
社会 (435)
スポーツ (440)
教育/学校/子ども (2553)
エンタメ (313)
おもしろブログパーツ (26)
商品紹介 (9)
おすすめ情報 (7)
アフェリエイト (0)

月別アーカイブ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブロとも一覧


JapanReport

Awesome!

gainly

あの歌の歌詞は?

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

QRコード

QR

【ショッピングコーナー】

お気に入りのアイテムがあるかもしれません

【ショッピングコーナー2】

人気のアイテムをラインナップしました!