fc2ブログ
国語力が弱いと生きづらくなる 「言葉の脆弱性」という問題
海外取材で感じていた「言葉の脆弱性」の問題を、その後、国内の少年犯罪や虐待家庭の子供たちを取材するなかでも、同じように痛感するようになりました。
以上、Yahooニュース(文春オンライン)引用
https://news.yahoo.co.jp/articles/b0c2a136c1fa455957709bb90564cdb2a8153467


まず


「日常のコミュニケーションが知らず知らずのうちにSNSの言葉の使い方に侵食されているような今」


についてですが


SNSによるコミュニケーションは


確かにコミュニケーションのひとつといえます。


しかし


中身が無い、または薄い


という点から


「リアル」コミュニケーションと比べると


「擬似(的)」コミュニケーション


というとらえかたになると思われます。


そして


「擬似(的)」コミュニケーションが


「ふつう」


になると


「リアル」コミュニケーションが


面倒になるのでしょう。


これは仕方のないことです。


なぜなら


多くの人間は


面倒なことを避けて


できるだけ「楽に」過ごしたい


と考える傾向にあるからです。


SNSによるコミュニケーションのほうが楽なら


そちらのほうに引き込まれていくのは


自然の流れなのかもしれません。


しかし


あるとき…


自分が伝えたいことが


擬似(的)コミュニケーションでは


伝えきれない


ということに気づくのではないでしょうか。


ただ


「気づかない」方々も


多くいると思います。



よろしければランキングバナーの1クリックをお願いします。       

スポンサーサイト



[2022/10/04 23:12] 教育/学校/子ども | トラックバック(0) | コメント(0) | @
| ホーム |

最新記事

カテゴリ

ブログ (905)
政治 (340)
社会 (435)
スポーツ (440)
教育/学校/子ども (2554)
エンタメ (313)
おもしろブログパーツ (26)
商品紹介 (9)
おすすめ情報 (7)
アフェリエイト (0)

月別アーカイブ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブロとも一覧


JapanReport

Awesome!

gainly

あの歌の歌詞は?

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

QRコード

QR

【ショッピングコーナー】

お気に入りのアイテムがあるかもしれません

【ショッピングコーナー2】

人気のアイテムをラインナップしました!