fc2ブログ
カピバラが幼児を噛む/群馬サファリパーク
群馬県富岡市岡本の群馬サファリパークで女児(6)がカピバラにかまれる2日前、西毛地域に住む男児(1)も同様の被害に遭っていたことが5日、分かった。
以上、Yahooニュース(上毛新聞)引用
https://news.yahoo.co.jp/articles/59dc5a0a8002cd47f291846a0ac93d516bf3bea3


記事には


≪25日以降も来園者が触れ合えるままにした点は「飼育員を付け、大声を出さないことや口元に手を近づけないよう看板で注意を呼びかければ大丈夫だと思った」≫


と書かれていますが


「触れ合い」によって


事故が相次いでいるのに


なぜ


「触れ合い」を継続するのでしょうか?


理解に苦しみます。


園側が


「注意を呼びかければ大丈夫だと思った」


とする根拠は何でしょうか?


人間が


動物の状況を完全に把握することはできません。


「触れ合い」は


もうやらないほうがいいと思います。


ところで


カピバラはげっ歯類に属する動物ですが


同じげっ歯類のハムスターは


本能的に噛む動物として知られています。


たとえば


ストレスを感じているとき…


対象物が何なのかを判断するために噛んだり…


というように


そのときの状況によって


噛むという行動が表出します。


また


げっ歯類ではありませんが


犬も


噛むことがコミュニケーションをとる手段のひとつになっています。


カピバラだけでなく


どんな動物であっても


過度のコミュニケーションはすべきでないと思います。



よろしければランキングバナーの1クリックをお願いします。       

スポンサーサイト



[2022/10/10 23:11] 教育/学校/子ども | トラックバック(0) | コメント(0) | @
| ホーム |

最新記事

カテゴリ

ブログ (905)
政治 (340)
社会 (435)
スポーツ (440)
教育/学校/子ども (2565)
エンタメ (313)
おもしろブログパーツ (26)
商品紹介 (9)
おすすめ情報 (7)
アフェリエイト (0)

月別アーカイブ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブロとも一覧


JapanReport

Awesome!

gainly

あの歌の歌詞は?

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

QRコード

QR

【ショッピングコーナー】

お気に入りのアイテムがあるかもしれません

【ショッピングコーナー2】

人気のアイテムをラインナップしました!