fc2ブログ
ハラスメント行為の教授 諭旨解雇/帝京大学
帝京大学は12月28日、ハラスメント行為が認められたとして教員を諭旨解雇の処分としたと発表しました。同学の教員が「女子は基本的には(ゼミで)採用」と発言するなど男子学生を不利に扱ったと告発する投稿がSNSで拡散していました。
以上、Yahooニュース(ねとらぼ)引用
https://news.yahoo.co.jp/articles/0d7b365c03df4503ae79f8f48f706807aaad2858


諭旨解雇となった教授は


ゼミ生の募集で


「男女を問わず」採用を検討すると掲示していました。


それなのに


メールのやりとりで


「女子学生さんですよね?」


と確認したのはなぜでしょうか?


通常の展開なら


応募を受けつけた… で終わりだと思います。


ひっかかるのは


面接試験を行ってから


採否を決定すると明示しているのに


面接もせずに「応募=採用」とメールに記しているところです。


しかも


面接試験の日程から


大幅に


早い時期に


「お会いする日時」を指示しています。


ゼミを運営するのは教員です。


ゼミ運営を望ましいものにしようとするなら


学生の立場や状況に配慮した対応が必要ではないでしょうか?


応募してきた学生に対して


性別確認…


面接日の一方的変更…


面接時間を一方的に指示する…


などから


学生の状況に気配りが無い


自己中心性が浮かび上がっていると思います。



よろしければランキングバナーの1クリックをお願いします。       

[2022/12/30 23:21] 教育/学校/子ども | トラックバック(0) | コメント(0) | @
<<前のページ | ホーム | 次のページ>>

最新記事

カテゴリ

ブログ (905)
政治 (340)
社会 (435)
スポーツ (440)
教育/学校/子ども (2561)
エンタメ (313)
おもしろブログパーツ (26)
商品紹介 (9)
おすすめ情報 (7)
アフェリエイト (0)

月別アーカイブ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブロとも一覧


JapanReport

Awesome!

gainly

あの歌の歌詞は?

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

QRコード

QR

【ショッピングコーナー】

お気に入りのアイテムがあるかもしれません

【ショッピングコーナー2】

人気のアイテムをラインナップしました!