fc2ブログ
「大恥かかせやがって!」医学部9浪を経て母を殺害/地獄の高校三者面談(2)
前回の続きです。


それにしても


母親は


なぜ


事実を受け入れなかったのでしょうか?


母親が


医学部合格という目標を掲げ


娘にその目標達成を強要しても


本人にその意思が無い


または希薄であれば


目標には到達できません。


三者面談からみえてくるものは


担任:事実を伝えて可能性のある進路を提示している


母親:事実を無視して可能性の低い進路を選択している


本人:母親の選んだ進路に進むしかない


上記からは


三者面談なのに


担任と母親の「二者面談」になっている


という状況が浮かび上がります。


記事には


「(本人は)息を潜め、担任をにらむように見つめていた」


と書かれたところがありますが


このシーン


面談の歪みを如実にあらわしていると思います。


進路を選択するのは


親(本事件の場合は母親)ではありません。


本人が自分の意思で


自分の進路を選ぶのです。


「親は助言者」


「決めるのは本人」


という面談にならないのなら


三者面談など


やる意味無し


と思います。



よろしければランキングバナーの1クリックをお願いします。       

スポンサーサイト



[2023/01/28 23:01] 教育/学校/子ども | トラックバック(0) | コメント(0) | @
| ホーム |

最新記事

カテゴリ

ブログ (905)
政治 (340)
社会 (435)
スポーツ (440)
教育/学校/子ども (2614)
エンタメ (313)
おもしろブログパーツ (26)
商品紹介 (9)
おすすめ情報 (7)
アフェリエイト (0)

月別アーカイブ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブロとも一覧


JapanReport

Awesome!

gainly

あの歌の歌詞は?

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

QRコード

QR

【ショッピングコーナー】

お気に入りのアイテムがあるかもしれません

【ショッピングコーナー2】

人気のアイテムをラインナップしました!