fc2ブログ
奨学金の借入額が膨らむ/大学院生の苦悩
大学の上には大学院がある。「学術の理論及び応用を教授研究し、その深奥をきわめ、又は高度の専門性が求められる職業を担うための深い学識及び卓越した能力を培い、文化の進展に寄与することを目的とする」機関だ(学校教育法99条)。
以上、Yahooニュース(ニューズウィーク日本版)引用
https://news.yahoo.co.jp/articles/f9438b731001f7d58f7c75fac40c45c3f7e7226d


記事には


≪大学院博士課程への入学者数は減少傾向にある≫


と書かれていますが


これは


当然といえます。


理由は


学位(博士)の取得が


就職につながるわけではないからです。


もちろん


学位を取得後


研究者のポストを得る人もいます。


しかし


その数は多くありません。


就職できない可能性が高いのに


あえてその道を選ぶのですから


相当の覚悟が求められます。


そして


自分が希望する研究室に入れたとしても


向き合わなければならない問題が


いくつも出てきます。


最大の問題は


どのように研究活動と生活を両立させるか… です。


記事に書かれているように


奨学金を借りるケースが多くなりますが


奨学金の借り入れだけでは足りない


と思います。


なぜなら


研究活動にもさまざまなコストが発生するからです。



よろしければランキングバナーの1クリックをお願いします。       

スポンサーサイト



[2023/04/29 23:01] 教育/学校/子ども | トラックバック(0) | コメント(0) | @
| ホーム |

最新記事

カテゴリ

ブログ (905)
政治 (340)
社会 (435)
スポーツ (440)
教育/学校/子ども (2553)
エンタメ (313)
おもしろブログパーツ (26)
商品紹介 (9)
おすすめ情報 (7)
アフェリエイト (0)

月別アーカイブ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブロとも一覧


JapanReport

Awesome!

gainly

あの歌の歌詞は?

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

QRコード

QR

【ショッピングコーナー】

お気に入りのアイテムがあるかもしれません

【ショッピングコーナー2】

人気のアイテムをラインナップしました!