fc2ブログ
進学率100%の大学附属校であっても留年や退学/入学してみないとわからない?
過酷な中学受験を乗り越え、晴れて入学。子どもが通い始めて初めて知った現実に驚き、ショックを受ける保護者も少なくないようです。
以上、Yahooニュース(All About)引用
https://news.yahoo.co.jp/articles/58e0b9983c0d4ac3aa5db5f28bfeb9d282518872


まず


≪自由な校風の大学附属校に中学から通っている≫


についてですが


どのような校風でも


入学後勉強をしなくなれば


成績が下がるのはあたり前です。


そして


≪学習習慣がないまま高校生になって≫も


まわりがなんとかしてくれる… 


などと思わないことです。


つぎに


≪高校生になると、一定の成績が取れない場合は留年。しかも2年連続で留年すると退学させられるシステムになっていて≫


については


はじめて知った… というニュアンスが感じられます。


しかし


このようなシステムがあることは


一般常識ではないでしょうか?


さらに


≪先生たちは勉強を強制しません。積極的な子の勉強の後押しはしますが、学習意欲のない子のサポートはほとんどないですね≫


については


ここでの「サポート」が


どのようなサポートを指しているのか不明ですので


こちらからの反応が適切かどうかわかりませんが


少なくとも…


高校は義務教育ではないため


本人に


学ぶ意欲が無ければ


ドロップアウトの可能性が高くなります。


もちろん


学習意欲が無い状態の生徒には


カウンセリング等のサポートはあります。


しかし


学校ができることはそこまでです。


カウンセリング等によっても


本人の学習意欲が上がらなければ


退学、他校への編入、他校を再受験など


最終的には本人が決めることになります。



よろしければランキングバナーの1クリックをお願いします。       

スポンサーサイト



[2023/05/08 23:09] 教育/学校/子ども | トラックバック(0) | コメント(0) | @
| ホーム |

最新記事

カテゴリ

ブログ (905)
政治 (340)
社会 (435)
スポーツ (440)
教育/学校/子ども (2562)
エンタメ (313)
おもしろブログパーツ (26)
商品紹介 (9)
おすすめ情報 (7)
アフェリエイト (0)

月別アーカイブ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブロとも一覧


JapanReport

Awesome!

gainly

あの歌の歌詞は?

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

QRコード

QR

【ショッピングコーナー】

お気に入りのアイテムがあるかもしれません

【ショッピングコーナー2】

人気のアイテムをラインナップしました!