fc2ブログ
不登校児童・生徒に「学校に行けなくても教育の機会を」/不登校25万人
不登校児の親たちが作る支援団体が家庭調査を行い、学校に行けなくても教育の機会を確保するための支援が必要だと話しました。
以上、Yahooニュース(TBS NEWS DIG Powered by JNN)引用
https://news.yahoo.co.jp/articles/caa86e260587b862297ade0ecaa815440ea9e682


まず


≪不登校となった子どものおよそ7割が「学校を休んで心が安定した」と回答≫


については


学校に行くことが大きなストレスになっているのですから


行かなければ


心が安定するのは当然です。


次に


≪子どもが不登校になることで、親の半数が「孤独感、孤立感がある」と答え、学校以外で安心して人とつながれる居場所を求める声が8割を超えました≫


についてですが


「小さな社会」でもある学校に行かなければ


そこで営まれる社会性や人間関係の構築


あるいはコミュニケーションなどを経験する機会が失われますので


孤独感、孤立感が生じるのはやむを得ないと思います。


一方で


≪調査をおこなった支援団体は、学校に行けなくても教育の機会を確保するための支援が必要だと話します≫


については


どこに、誰に「支援」を求めているのか…


その点が明示されていません。


これとともに


≪子どもたち、親たちが選択できる居場所、学び場の確保というところを、経済的な支援とともに、ぜひお願いできたらいいかなと思います≫


についても


どこに、誰に「お願いしたい」のでしょうか?


もしかすると…


教育行政の側に「支援」や「お願い」


ということでしょうか?


もしそうであるなら… 現状の学校現場では


人材確保や予算等も含めて


対応することが困難


と思われます。



よろしければランキングバナーの1クリックをお願いします。       

スポンサーサイト



[2023/05/13 23:06] 教育/学校/子ども | トラックバック(0) | コメント(0) | @
| ホーム |

最新記事

カテゴリ

ブログ (905)
政治 (340)
社会 (435)
スポーツ (440)
教育/学校/子ども (2554)
エンタメ (313)
おもしろブログパーツ (26)
商品紹介 (9)
おすすめ情報 (7)
アフェリエイト (0)

月別アーカイブ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブロとも一覧


JapanReport

Awesome!

gainly

あの歌の歌詞は?

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

QRコード

QR

【ショッピングコーナー】

お気に入りのアイテムがあるかもしれません

【ショッピングコーナー2】

人気のアイテムをラインナップしました!