fc2ブログ
教員実態調査で「学校の過重労働」再確認
文部科学省は4月末、昨年実施した「教員勤務実態調査(令和4年度)」の結果(速報値)を公表した。
以上、Yahooニュース(東洋経済education×ICT)引用
https://news.yahoo.co.jp/articles/92ed37edde17cfa49381b87caba8d4b54d5536dd


部活動について


数十年の経緯を振り返ると


成功にはいたりませんでしたが


半世紀前から


運動系の部活動を社会体育化しようとする動きがありました。


また


1980年代に生起した


荒れる学校


に対する処方箋として


部活動(特に運動系)を奨励する


という考え方も出てきました。


荒れる学校にみられた生徒の問題行動は


学校内にとどまらず


学校の外でも「非行」というかたちで表面化しました。


このため


学校において部活動を奨励することが


生徒の非行防止につながると考えられたのです。


部活動によって


生徒を長時間学校に縛りつけることは


同時に


教員(顧問)も長時間拘束されることを意味しています。


それでも


長時間の部活動が


あたりまえ


のような風潮となり


そのなかから「長時間の部活動」による「成果」が出てくることで


長時間の練習を強いる部活動は


教育上優れた取り組み


という考え方が浸透していったと考えられます。


教員の業務量を減らして適切な勤務時間に変えよう


とするなら


部活動を


教員の業務から完全に切り離す必要があると思います。



よろしければランキングバナーの1クリックをお願いします。       

スポンサーサイト



[2023/05/23 23:06] 教育/学校/子ども | トラックバック(0) | コメント(0) | @
| ホーム |

最新記事

カテゴリ

ブログ (905)
政治 (340)
社会 (435)
スポーツ (440)
教育/学校/子ども (2560)
エンタメ (313)
おもしろブログパーツ (26)
商品紹介 (9)
おすすめ情報 (7)
アフェリエイト (0)

月別アーカイブ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブロとも一覧


JapanReport

Awesome!

gainly

あの歌の歌詞は?

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

QRコード

QR

【ショッピングコーナー】

お気に入りのアイテムがあるかもしれません

【ショッピングコーナー2】

人気のアイテムをラインナップしました!