fc2ブログ
給食を食べる時間がない 小5年男児に「行き過ぎた指導」/三重・桑名市
三重県桑名市の小学校で5月、教諭が5年生の男子児童におよそ2時間にわたって指導を続けたため、児童が給食を食べきれず残していたことが分かりました。
以上、Yahooニュース(CBCテレビ)引用
https://news.yahoo.co.jp/articles/11421978e066ea34fa2bebf89a45088128366a52


報道では


「行き過ぎた指導」


と表現していますが


はたして そうなのでしょうか?


書かれている内容が事実であれば


実態は


「体罰」および「虐待」です。


問題の教諭は


授業中から約2時間もかけて


「行き過ぎた指導」(体罰、虐待)をしていました。


当該教諭からすれば


2時間かけなければならない理由があったのかもしれません。


しかし


この指導?のシチュエーションは


まわりにいる他の児童にも


少なからず影響を与えます。


学校生活のスケジュールは


細分化されていて


余分な時間はありません。


このため


時間割の進行を妨げるようなことは


教師であれば


慎まなければなりません。


与えられた時間


というものに対して


無関心な教師は


適格性に問題があります。


教える立場にある者なら


時間内に終わらせる


が鉄則です。


時間枠を無視して


予定していた内容をやり切ることに


固執しすぎると


今回のような状況になります。



よろしければランキングバナーの1クリックをお願いします。       

スポンサーサイト



[2023/06/14 23:01] 教育/学校/子ども | トラックバック(0) | コメント(0) | @
| ホーム |

最新記事

カテゴリ

ブログ (905)
政治 (340)
社会 (435)
スポーツ (440)
教育/学校/子ども (2561)
エンタメ (313)
おもしろブログパーツ (26)
商品紹介 (9)
おすすめ情報 (7)
アフェリエイト (0)

月別アーカイブ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブロとも一覧


JapanReport

Awesome!

gainly

あの歌の歌詞は?

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

QRコード

QR

【ショッピングコーナー】

お気に入りのアイテムがあるかもしれません

【ショッピングコーナー2】

人気のアイテムをラインナップしました!