fc2ブログ
赤ちゃんに添い寝せず親は別室に アメリカの寝かしつけの常識?(2)
前回の続きです。


確かに


添い寝によって


寝具や親の身体の一部が


赤ちゃんの顔にかぶさることで


窒息の可能性があります。


また


ベッドで添い寝をする場合は


落下の危険もあります。


しかし


こうしたリスクを回避するために


寝具補助器具やクッション等が開発されていますので


用途に応じて活用すれば


添い寝のリスクは軽減できます。


結論として…


添い寝を推奨します。


この理由は


親が赤ちゃんとのあいだに信頼関係を築くために


必要なことだからです。


親にはさまざまな事情があると思いますが


それでも


できるだけ添い寝をしたほうがいいと思います。


添い寝のメリットとしては…


・添い寝に伴うスキンシップによって幸福感を得ることができる


・親と子の愛着(アタッチメント)関係形成には添い寝が効果的


・赤ちゃんに異変(呼吸停止、発熱、嘔吐等)が生じたとき即座に対応できる


などが挙げられます。



よろしければランキングバナーの1クリックをお願いします。       

スポンサーサイト



[2023/06/24 23:05] 教育/学校/子ども | トラックバック(0) | コメント(0) | @
| ホーム |

最新記事

カテゴリ

ブログ (905)
政治 (340)
社会 (435)
スポーツ (440)
教育/学校/子ども (2562)
エンタメ (313)
おもしろブログパーツ (26)
商品紹介 (9)
おすすめ情報 (7)
アフェリエイト (0)

月別アーカイブ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブロとも一覧


JapanReport

Awesome!

gainly

あの歌の歌詞は?

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

QRコード

QR

【ショッピングコーナー】

お気に入りのアイテムがあるかもしれません

【ショッピングコーナー2】

人気のアイテムをラインナップしました!