fc2ブログ
悪い点をつけた教師を殺害 10代少年に終身刑/米アイオワ州
アメリカ・アイオワ州で、悪い成績をつけた教師をバットで殴り殺したとして有罪となった10代少年に、終身刑が言い渡された。
以上、Yahooニュース(BBC News)引用
https://news.yahoo.co.jp/articles/3fa0925d343a4df8ddd621c599b8c6df903d6de6


終身刑は第一級殺人罪に該当しますので


今回の判決が示された根拠が


計画的、意図的なものであった


ということになります。


このような判決は


日本ではあり得ませんが


たとえ未成年であったとしても


犯した罪は


償わなければなりません。


記事には


≪両被告は事件当時、ともに16歳だったが、成人として起訴された≫


と書かれたところがあります。


年齢は未成年でも


犯罪行為の内容が


成人と同様


という認識なのでしょう。


確かに


被告側による


≪犯行時はあまりに若く、自らの行為の重大さを理解できなかった≫


という主張は理解できます。


しかし


被告の行為の残虐性をみれば


被告に対する情状酌量の余地は


無い


と思います。


16歳であれば


犯行の計画を立てている段階で


その行為の異常さに


本人が気づくのではないでしょうか?


この気づきがあれば


事件は起きなかったと思われます。


「悪に誕生日はない」。


日本でもこの考え方を導入してほしいものです。



よろしければランキングバナーの1クリックをお願いします。       

スポンサーサイト



[2023/07/13 23:03] 教育/学校/子ども | トラックバック(0) | コメント(0) | @
| ホーム |

最新記事

カテゴリ

ブログ (905)
政治 (340)
社会 (435)
スポーツ (440)
教育/学校/子ども (2561)
エンタメ (313)
おもしろブログパーツ (26)
商品紹介 (9)
おすすめ情報 (7)
アフェリエイト (0)

月別アーカイブ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブロとも一覧


JapanReport

Awesome!

gainly

あの歌の歌詞は?

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

QRコード

QR

【ショッピングコーナー】

お気に入りのアイテムがあるかもしれません

【ショッピングコーナー2】

人気のアイテムをラインナップしました!