fc2ブログ
「長すぎる問題文」で誤読多発/中学受験
中学入試の国語では問題文が長すぎて全部解き終わらない子どもが続出している。読解力をつけるどころか飛ばし読みも横行し、誤読が頻発して本末転倒の事態となっているという。
以上、Yahooニュース(AERA dot.)引用
https://news.yahoo.co.jp/articles/62eb680925a09e70a67f3ebe3de07531e9815c82?page=1


「問題文が長い」


という感覚は


子どもの発達特性によって… 


またはその子どもの学力によって


とらえかたが違ってきます。


しかし


報道されているのは


「問題文が『長すぎる』」


ことについてです。


試験時間からみて


読み切ることができないくらい長い文章だから問題視しているのです。


現状では


国語の学力をはかる


というよりも


長すぎる問題文に対応するための


「テクニック駆使力」試験


になっているのではないでしょうか?


進学系の塾や予備校において


受験を乗り越えるためのテクニックを教えこむ


という状態になっていることは


一般的に知られていることです。


塾や予備校で学んで


受験テクニックとしての「飛ばし読み」に習熟しても


それは


読み方の方法のひとつをマスターしただけです。


つまり


学力がどの程度なのか


不明


ということになります。


これでいいのでしょうか?



よろしければランキングバナーの1クリックをお願いします。       

スポンサーサイト



[2023/08/05 23:08] 教育/学校/子ども | トラックバック(0) | コメント(0) | @
| ホーム |

最新記事

カテゴリ

ブログ (905)
政治 (340)
社会 (435)
スポーツ (440)
教育/学校/子ども (2565)
エンタメ (313)
おもしろブログパーツ (26)
商品紹介 (9)
おすすめ情報 (7)
アフェリエイト (0)

月別アーカイブ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブロとも一覧


JapanReport

Awesome!

gainly

あの歌の歌詞は?

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

QRコード

QR

【ショッピングコーナー】

お気に入りのアイテムがあるかもしれません

【ショッピングコーナー2】

人気のアイテムをラインナップしました!