fc2ブログ
元気な小学生が中学生になると面白みのない生徒になる/同調圧力教育
なんとなく反論しづらい「大義名分」と共に、人の心と身体に静かにまとわりつき、思考や行動の自由を少しずつ奪い、やがて集団全体の一部へと取り込んでしまう同調圧力。
以上、Yahooニュース(集英社オンライン)引用
https://news.yahoo.co.jp/articles/fb843cc752f3592184ac3c6bacf2d1e6257b791e?page=1


中学校は義務教育であるため


そこには


一定のルールが必要です。


なぜルールが必要なのかというと


ルールが整備されていないと


教育活動が円滑に行われないからです。


誰が生徒に教育を施すのか?


もちろん教員です。


生徒は


それぞれのクラスに所属し


集団で教育を受けるのです。


確かに


中学校の学校生活において


生徒個人の考えや行動は


すべて自由にはなりませんので


生徒本人からすれば


拘束感をともなうことが少なくありません。


しかし


一定レベルの拘束感やルールに向き合い


生徒として適切に振る舞うことは


社会が中学生に求めているものです。


ルールや規則を理解し


それに従うことは


子どもから大人への過渡期において


生徒が経験すべきことです。


社会が許容できないような中学生は


高等学校以上の段階に進んでも


望ましい学校生活がおくれない可能性が高くなります。



よろしければランキングバナーの1クリックをお願いします。       

スポンサーサイト



[2023/08/15 23:06] 教育/学校/子ども | トラックバック(0) | コメント(0) | @
| ホーム |

最新記事

カテゴリ

ブログ (905)
政治 (340)
社会 (435)
スポーツ (440)
教育/学校/子ども (2560)
エンタメ (313)
おもしろブログパーツ (26)
商品紹介 (9)
おすすめ情報 (7)
アフェリエイト (0)

月別アーカイブ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブロとも一覧


JapanReport

Awesome!

gainly

あの歌の歌詞は?

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

QRコード

QR

【ショッピングコーナー】

お気に入りのアイテムがあるかもしれません

【ショッピングコーナー2】

人気のアイテムをラインナップしました!