fc2ブログ
「小学校の尿検査が怖くて仕方なかった」/非行少年の想い
非行少年の生い立ちには、さまざまな背景がある。元福岡県警少年育成指導官の堀井智帆さんは「私が関わったある少年は、お風呂で母親が覚醒剤を打つ手伝いをさせられていた。少年自身も母親に覚醒剤を打たれたことがあり、学校の尿検査で発覚しないか怯えていた」という。
以上、Yahooニュース(プレジデントオンライン)引用
https://news.yahoo.co.jp/articles/ce468de6b22dfecf5d8bbb53efb85bb84753b92c


≪盗んではいけない理由をちゃんと分かっている≫


という状況であっても


物を盗んでしまう背景には


何があるのでしょうか?


子どもの心身に


過度なストレスが覆いかぶさることで


さまざまな不適切行動が


表出します。


ここでいうところの不適切な行動のなかに


物を盗む


という行為も含まれるのです。


たとえば


過度のストレス状態にある子どもが


なんらかのきっかけで万引きをして


その結果


ストレスが軽減される


という経験をすると


万引きが


ストレス発散の手段になっていく可能性が高まります。


そして


万引きをくり返すことによって


しだいに


盗みたいという衝動を


自分の意思でコントロールできなくなります。


こうして


クレプトマニア(窃盗症)


という状態に陥ります。


記事に出てくる少年は


「盗みの認知行動療法プログラム」に参加し


プログラムの課程を修了したようです。


しかし…


≪少年は、お風呂で母親が覚醒剤を打つ手伝いをさせられていた≫


とのこと。


この点については次回触れます。



よろしければランキングバナーの1クリックをお願いします。       

スポンサーサイト



[2023/08/23 23:03] 教育/学校/子ども | トラックバック(0) | コメント(0) | @
| ホーム |

最新記事

カテゴリ

ブログ (905)
政治 (340)
社会 (435)
スポーツ (440)
教育/学校/子ども (2559)
エンタメ (313)
おもしろブログパーツ (26)
商品紹介 (9)
おすすめ情報 (7)
アフェリエイト (0)

月別アーカイブ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブロとも一覧


JapanReport

Awesome!

gainly

あの歌の歌詞は?

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

QRコード

QR

【ショッピングコーナー】

お気に入りのアイテムがあるかもしれません

【ショッピングコーナー2】

人気のアイテムをラインナップしました!