fc2ブログ
「Mステ」でナチス式敬礼の指摘、LDH所属グループに批判/教育問題の可能性
SNS上では、「ミュージックステーション SUPER LIVE 2023」で楽曲が披露される以前
から、一部ファンの中で同楽曲の歌詞に対して、「極東や神風という言葉から戦争を感じさ
せると思われても仕方がない」「この歌詞や曲名でいいのかと一歩踏みとどまって考えて欲
しかった」など、批判や疑問を呈する声が多数上がっていました。
以上、Yahooニュース(ねとらぼ)引用
https://news.yahoo.co.jp/articles/3aaa8639898392335d9d633b20ea1174abbee4d8


この問題に関しては


当該グループの所属事務所であるLDHが謝罪しています。


しかし


謝罪するなら… 


そうなる前の段階でくい止めるべきです。


もう手遅れですが。


報道によると


「披露」された主な内容は


≪パフォーマンスの中にナチス式敬礼の振り付けが含まれていた≫


≪戦争を想起させる言葉が多数≫


≪メンバーたちがナチスを想起させる全身真っ黒な衣装で出演≫


≪パフォーマンスの中で黒い旗をたなびかせ≫


というものです。


しかも


当初は


批判の声に対して


≪『愛を持って夢に向かって力強く進み続ける覚悟』≫とか


≪世界へと挑んでいこうとしている中で… エンタテインメントの力で世界中を元気にし
たい≫


などとコメントしていました。


なぜ


このような事態に立ち至ったのでしょうか?


その原因として


プロデュース側の知識不足の可能性が考えられます。


つまり「知らなかった」ということです。


学校教育では


社会科のなかで歴史を学びますが


近代の戦争については


学習するための十分な時間が確保できていません。


たとえば


中学、高校も含めて


近現代史の内容が3学期にずれ込み


最終的に時間切れとなって中途半端なまま


重要な項目や内容に触れないまま授業終了


となる傾向があります。


なお


今回の件については


ナチス式敬礼の振り付けが


「ドイツ刑法典130条 第4項」に抵触する可能性があります。



よろしければランキングバナーの1クリックをお願いします。       

スポンサーサイト



[2023/12/31 23:08] 教育/学校/子ども | トラックバック(0) | コメント(0) | @
| ホーム | 次のページ>>

最新記事

カテゴリ

ブログ (905)
政治 (340)
社会 (435)
スポーツ (440)
教育/学校/子ども (2560)
エンタメ (313)
おもしろブログパーツ (26)
商品紹介 (9)
おすすめ情報 (7)
アフェリエイト (0)

月別アーカイブ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブロとも一覧


JapanReport

Awesome!

gainly

あの歌の歌詞は?

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

QRコード

QR

【ショッピングコーナー】

お気に入りのアイテムがあるかもしれません

【ショッピングコーナー2】

人気のアイテムをラインナップしました!