fc2ブログ
米の憎悪犯罪、1割が学校で発生 22年は過去最多=FBI
米国の憎悪犯罪の1割が学校で起きていることが分かった。幼稚園から大学までの場で発生しており、最も多いのが黒人の被害、次いでユダヤ人、LGBTQ(性的少数者)となっている。
以上、Yahooニュース(ロイター)引用
https://news.yahoo.co.jp/articles/1a6ab2f71360b4529efa92a3d51404c5df3c49fb


憎悪犯罪は


言い換えると


ヘイトクライム(hate crime)のことを指しています。


報道によると


≪米国では近年憎悪犯罪が顕著に増加しており、報告された事案だけでも18年の8500件前後から22年には過去最大の1万3300件超となった≫


とのこと。


このように


アメリカでは憎悪犯罪が


社会問題化しています。


懸念されるのは


学校での発生が≪大幅増加し、全体の10%を占めた。その約3分の2が幼稚園から中学で起きている≫


という状況です。


憎悪犯罪の横行を放置すると


社会不安が助長され


日常生活が脅かされる可能性が高まります。


特に


学校での発生が大幅に増加している状況を


早急に改善しなければならない


と思います。


アメリカでは


憎悪犯罪が次のように分類されています。


・特定の集団や人に対しての暴行や嫌がらせ行為によって身体や精神面に苦痛を与える(スリル追求型)


・特定の属性をもつ人がコミュニティに入ってきたとき、自己の生活圏が脅かされないよう、拒絶反応としての脅迫行為や暴力行為におよぶ(反応型)


・特定の属性をもつ人々に対して憎悪を抱き、当該属性をもつ人々を一方的に敵視し、または排除することをくり返し、それが自分の使命であると信じこんでいる(使命型)


・特定の宗教を信仰する人々に対する偏見意識をもち、差別行為(回避、嘲笑、脅迫)におよぶ(報復型)



よろしければランキングバナーの1クリックをお願いします。       

スポンサーサイト



[2024/02/04 23:06] 教育/学校/子ども | トラックバック(0) | コメント(0) | @
| ホーム |

最新記事

カテゴリ

ブログ (905)
政治 (340)
社会 (435)
スポーツ (440)
教育/学校/子ども (2614)
エンタメ (313)
おもしろブログパーツ (26)
商品紹介 (9)
おすすめ情報 (7)
アフェリエイト (0)

月別アーカイブ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブロとも一覧


JapanReport

Awesome!

gainly

あの歌の歌詞は?

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

QRコード

QR

【ショッピングコーナー】

お気に入りのアイテムがあるかもしれません

【ショッピングコーナー2】

人気のアイテムをラインナップしました!