fc2ブログ
大人たちは知らない、いまの若者が「目立ちたくない」納得の理由
いま日本はどんな国なのか、私たちはどんな時代を生きているのか。
…思いをストレートに口に出すと、周囲から自分だけが浮いてしまう。
 みんなと同じでなければ安心できず、たとえプラスの方向であったとしても自分だけが目立つことは避けたい。
以上、Yahooニュース(現代ビジネス)引用
https://news.yahoo.co.jp/articles/c21595a706230673bdd36f42b838e602418b3778


記事の中で気になったのは


≪「上役と仕事以外のつき合いはあった方がよい」と考える割合は若年層ほど高く、20代では70%を占める≫


という部分です。


この調査については


「つき合い」の内容によって


若年層のとらえかたが変わってくると思います。


ここでの「仕事以外」とは


具体的に何を指しているのでしょうか?


たとえば


忘年会


を例に考えると


コロナ禍で


忘年会を経験したことがない若年層の場合


参加へのモチベーションは


全体的に高くなる


と思われます。


特に


新卒の社員であれば


職場で指導を受ける上司との関わりですので


新入社員として


参加すべきと考えるのが自然です。


ただ


これは


あくまで


社員としての「タテマエ」


という認識になると思われます。


次に


≪ある中学校の生徒たちは、「個性的と言われると、自分を否定された気がする」≫


についてですが


こちらは


この質問に答えた中学生たちが


就学前保育、小学校で経験してきた


「日本的な教育」が回答の背景にあります。



よろしければランキングバナーの1クリックをお願いします。       

スポンサーサイト



[2024/02/15 23:01] 教育/学校/子ども | トラックバック(0) | コメント(0) | @
| ホーム |

最新記事

カテゴリ

ブログ (905)
政治 (340)
社会 (435)
スポーツ (440)
教育/学校/子ども (2614)
エンタメ (313)
おもしろブログパーツ (26)
商品紹介 (9)
おすすめ情報 (7)
アフェリエイト (0)

月別アーカイブ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブロとも一覧


JapanReport

Awesome!

gainly

あの歌の歌詞は?

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

QRコード

QR

【ショッピングコーナー】

お気に入りのアイテムがあるかもしれません

【ショッピングコーナー2】

人気のアイテムをラインナップしました!