fc2ブログ
揺れる“部活動の顧問”やりたくない教師「強制やめて、負担」/長野県 
公立の中学校・高校では多くの教師が顧問を務め、指導に当たっていますが現状に一部の教師が異議を唱えました。「望まない顧問を強いるべきではない」と組合を結成したのです。
以上、Yahooニュース(NBS長野放送)引用
https://news.yahoo.co.jp/articles/e2faa8e90c06e1f1e2f9d143b76d73dca4ccbc14


部活動顧問に対して


一部の教員から異議の声があがっています。


部活動業務については


記事のなかで


≪部活動は国の学校指導要領に「学校教育の一環」と明記され… 一方で、各校が定める教育計画では「教育課程外」つまり、「範囲外」と記されていて通常の授業と区別され厳密に言えば、教師本来の業務ではありません≫


と説明されています。


部活動の顧問という業務については


それを積極的に望む教員がいる一方で


顧問になることを


望まない教員も多くいます。


これまでは


教員のボランティア精神と善意で成り立っていた


といえる部活動ですが


学校現場の業務の増加や多様化により


部活動の顧問までカバーできない


という事態になっているのです。


言うまでもなく


部活動は教育課程外に置かれています。


それでも学校で部活動をやりたいのなら


これまでの考え方を


「大きく」転換する必要があります。


大まかな手順としては


まず


従来の形式での部活動を廃止する。


次に


従来の競技大会から


中学・高校が離脱する(学校外の団体に移行)。


そして


部活動を教育課程の一部とする法令改正を行う。


これらの手続きを経て


現在の教科外教育活動のカリキュラムを見直すのです。



よろしければランキングバナーの1クリックをお願いします。       

スポンサーサイト



[2024/03/31 23:09] 教育/学校/子ども | トラックバック(0) | コメント(0) | @
| ホーム | 次のページ>>

最新記事

カテゴリ

ブログ (905)
政治 (340)
社会 (435)
スポーツ (440)
教育/学校/子ども (2614)
エンタメ (313)
おもしろブログパーツ (26)
商品紹介 (9)
おすすめ情報 (7)
アフェリエイト (0)

月別アーカイブ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブロとも一覧


JapanReport

Awesome!

gainly

あの歌の歌詞は?

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

QRコード

QR

【ショッピングコーナー】

お気に入りのアイテムがあるかもしれません

【ショッピングコーナー2】

人気のアイテムをラインナップしました!