fc2ブログ
「うずらの卵」による窒息か、小学1年男児が給食詰まらせ死亡/福岡県
福岡県みやま市の小学校で、小学1年の男子児童が給食を喉に詰まらせ、死亡しました。「うずらの卵」を詰まらせたとみられています。
以上、Yahooニュース(TBS NEWS DIG Powered by JNN)引用
https://news.yahoo.co.jp/articles/683ed7ee14323832f2c3eae3f1f876ac0e6b366a


記事のなかで気になったのは


≪やはり小学校低学年にうずらの卵を提供する場合は、切って与える。あるいはこういうことが起きているので、うずらの卵は提供しない≫


と書かれたところです。


これは


“問題となるものを排除する”


という対応です。


確かに


事故を防ぐための


対処方法のひとつといえます。


しかし


学校ですので


“問題となるものを排除する”


だけでは


適切な対処とはいえません。


適切でないとする理由は


「うずらの卵」に類する形状の食べ物がほかにもあるからです。


子ども自身が


食事における危機回避能力を身につけるには


「食べ方」を学ばなければなりません。


ただ


「食べ方」を教えるには


それなりの時間が必要です。


学校の短い給食時間のなかでは困難です。


学校任せにせず


家庭で親が


食事の時間に「食べ方」を教える。


これが前提です。


細かいことですが


「切って与える」ではなく「自分で切って食べる」


という状況にする必要があります。



よろしければランキングバナーの1クリックをお願いします。       

スポンサーサイト



[2024/03/02 23:03] 教育/学校/子ども | トラックバック(0) | コメント(0) | @
| ホーム |

最新記事

カテゴリ

ブログ (905)
政治 (340)
社会 (435)
スポーツ (440)
教育/学校/子ども (2642)
エンタメ (313)
おもしろブログパーツ (26)
商品紹介 (9)
おすすめ情報 (7)
アフェリエイト (0)

月別アーカイブ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブロとも一覧


JapanReport

Awesome!

gainly

あの歌の歌詞は?

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

QRコード

QR

【ショッピングコーナー】

お気に入りのアイテムがあるかもしれません

【ショッピングコーナー2】

人気のアイテムをラインナップしました!