fc2ブログ
幼児に“YouTube動画”はアリ? 子どもに動画を見せる時に注意すべきこと
子育てに直面したときに、巷で耳にする、あんなウワサ、こんな説。それってほんとうに根拠があるの? 
以上、Yahooニュース(with online)引用
https://news.yahoo.co.jp/articles/685f8f022e0680f0529a7d46e82514652f7fcc5c


記事には


≪昔、テレビが出てきたとき、子どもにテレビを見せたら頭が悪くなるという議論がありました≫


と書かれています。


また


≪脳への中毒性があると言われている≫


とも書かれています。


現在においても


テレビ、You tube動画にかかわらず


あるいは


子どもだけでなく大人も含めて


同じことが言えます。


特に子どもは


心身の発育の途上にありますので


You tube動画やそれに類する動画コンテンツは


取り扱いに注意しなければなりません。


乳幼児の心身の発育からみて懸念されることは


親と関わる時間が少なければ


それが


たとえば


有意語出現の遅れ


さらに


社会性全般の遅れ


として発現します。


そして


親子の関わる時間が少なくなることで


親と子の間に形成されるべき信頼関係や愛着が


十分に形成されない可能性が高くなります。


親と子のコミュニケーションが不十分であると


子どもの関心が


親よりも


動画コンテンツに向けられるでしょう。


こうなると


家庭教育や躾を通じてはぐくまれる発達課題が


未達成のまま


乳幼児期から児童期へと進んでいきます。



よろしければランキングバナーの1クリックをお願いします。       

スポンサーサイト



[2024/03/21 23:03] 教育/学校/子ども | トラックバック(0) | コメント(0) | @
| ホーム |

最新記事

カテゴリ

ブログ (905)
政治 (340)
社会 (435)
スポーツ (440)
教育/学校/子ども (2641)
エンタメ (313)
おもしろブログパーツ (26)
商品紹介 (9)
おすすめ情報 (7)
アフェリエイト (0)

月別アーカイブ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブロとも一覧


JapanReport

Awesome!

gainly

あの歌の歌詞は?

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

QRコード

QR

【ショッピングコーナー】

お気に入りのアイテムがあるかもしれません

【ショッピングコーナー2】

人気のアイテムをラインナップしました!