道徳の教科書が政治的中立損なう?
2018年度から小学校で使用される道徳教科書の教科書採択で、沖縄県の那覇市、浦添市、久米島町、北大東村、南大東村の5市町村で構成する那覇地区で、愛国主義的傾向の強い教育出版(東京)の教科書を採択していたことが、8日までに関係者らへの取材で分かった。
以上、Yahooニュース(琉球新報)引用
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170809-00000005-ryu-oki


日本の学校で使う


道徳の教科書ですから


国旗・国歌に関する記述は不可欠です。


その記述の分量が多くてもいいと思います。


なぜなら


これまでの義務教育で


「道徳の時間」による道徳教育が不十分だったからです。


記事には


採択に関して


批判的なことがいろいろ書かれていますが


採択は


那覇地区が協議の上決定したのですから


まわりがクレームをつけるのは


おかしいと思います。


ところで…


市民団体?は


教科書の内容について


「礼儀作法を規制・強制し戦前の教科『修身』と類似」


を問題視しているようですが


修身教科書を


戦前とか戦争などと


短絡的にむすびつけて批判するのはやめていただきたい。


ひとつ言えることは


「現在の」日本人の道徳性は


「戦前の」修身教育により培われた


ということです(もちろん、修身だけではありませんが)。


ですので


敗戦後


GHQにより


修身の授業が停止され、なおかつ道徳教育がほとんど行われない


という異常事態なり…


さらに道徳が「教科」として存在しなくても


こんにちに至り


日本人的な道徳性が「なんとか」維持されているのです。


この件については


まだまだ言いたいことがありますが


今日はこのへんでやめておきます。



よろしければランキングバナーの1クリックをお願いします。       

スポンサーサイト
[2017/09/17 05:46] 教育/学校/子ども | トラックバック(0) | コメント(0) | @
<<すみれがハリウッド進出で差別を体験? | ホーム | 東京地裁 朝鮮学校無償化訴訟>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバック URL
http://sh555.blog130.fc2.com/tb.php/2682-1c75dad0
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |

最新記事

カテゴリ

ブログ (476)
政治 (222)
社会 (294)
スポーツ (269)
教育/学校/子ども (1236)
エンタメ (169)
おもしろブログパーツ (26)
商品紹介 (9)
おすすめ情報 (7)
アフェリエイト (0)

月別アーカイブ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブロとも一覧


JapanReport

Awesome!

gainly

あの歌の歌詞は?

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

QRコード

QR

【ショッピングコーナー】

お気に入りのアイテムがあるかもしれません

【ショッピングコーナー2】

人気のアイテムをラインナップしました!