fc2ブログ
自衛隊という名称のとらえかた
総選挙で自公政権が圧勝し、いよいよ憲法改正が現実の政治課題に入ってきた。安倍総理は現在の憲法9条の2項に加えて「3項」を創設し、そこで「自衛隊」の存在を明記することで、これまでの憲法論義に終止符を打つというプランを示している。
 しかし、そもそも「自衛隊は軍隊ではない。自衛のための組織である」という「虚構」を維持したまま、憲法にまでその名称を規定してしまうことは妥当なのだろうか。
以上、Yahooニュース(デイリー新潮)引用
https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20171121-00532984-shincho-pol


「自分はself -defense forceの所属である」と話して同様の侮蔑を受けた人は多数いる…


これについて


言葉をやりとりした本人が


「侮蔑」


と理解できる状況なら


まだいいほう


なのではないでしょうか。


たとえ


外国人であっても


本音を言わず


建て前


として


self -defense force に「同意」しているだけの方々がいると思います。


つまり


本音は「侮蔑」や「嘲笑」であったとしてもです。


確かに…


日本の自衛隊は


外国からみて


特殊な状況に置かれていると思います。


ですが


その内実は


Japan ArmyとかJapan Navyのほうがわかりやすい


というか…


少なくとも外国人には理解していただけるのでは?



よろしければランキングバナーの1クリックをお願いします。       

スポンサーサイト



[2017/12/28 23:08] 政治 | トラックバック(0) | コメント(0) | @
<<激しい変化の中に生きる社会的存在と学校教育 | ホーム | 私服通学オーケーは進学校が多い?>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバック URL
http://sh555.blog130.fc2.com/tb.php/2784-087543ac
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |

最新記事

カテゴリ

ブログ (905)
政治 (340)
社会 (435)
スポーツ (440)
教育/学校/子ども (2610)
エンタメ (313)
おもしろブログパーツ (26)
商品紹介 (9)
おすすめ情報 (7)
アフェリエイト (0)

月別アーカイブ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブロとも一覧


JapanReport

Awesome!

gainly

あの歌の歌詞は?

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

QRコード

QR

【ショッピングコーナー】

お気に入りのアイテムがあるかもしれません

【ショッピングコーナー2】

人気のアイテムをラインナップしました!